火鉢屋に よくある質問

 

火鉢を使う前

  1. 火鉢は暖房器具になりますか?
  2. ストーブの代わりにはなりますか?
  3. 火事が心配です。
  4. 煙は出ますか?  煙が出たので使いたくないのですが?
  5. いただいた火鉢に古い灰が残っていますが使って平気?

火鉢を使う

  1. 火鉢の下に何か敷いた方がいいの?
  2. 陶器の火鉢に水を入れたいのですが。
  3. 陶器の火鉢と木製の火鉢。どちらが良いのですか?

火の起こし方 ・ 炭について。

  1. IHヒーターです。炭火の付け方を教えてください。
  2. カセットコンロで火を付けるのは危険! って本当?
  3. 炭から煙がでたのですが。

 

 

 

  1. 火鉢は暖房器具になりますか?
    1. なります。 しかしエアコンやストーブとの併用が現実的です。エアコンやストーブはお部屋の空気を暖めますが、火鉢は目の前の人の体の芯を暖めます。
      炭が遠近赤外線を発しているからです。

      真冬、朝起きるとエアコンを入れますね。空気が暖まるまで時間がかかります。
      その間、炭火を起こしておくととても暖かくて幸せです。 真っ先に体の芯を暖めてくれるので、真冬は何を置いても炭の火起こしから始まるくらいです。

  2. ストーブの代わりにはなりますか?
    1. 先の質問と重なりますが、ストーブとの併用が現実的です。
      火鉢は明らかにストーブとは効果の違う暖房器具です。ストーブはお部屋の空気を一瞬にして暖めてくれます。 火鉢はただしストーブに対する利点は、一酸化炭素こそ出ますが有害なものは一切出ません。

  3. 火事が心配ですが
    1. 炭火は炎を出しませんので、火のついた炭の上に物が落ちない限り、何も燃えないでしょう。 あいにく炭の火はスイッチ一つでOFF というわけには行きません。突然の外出などは、火消し壺に火のついた炭をいれておけば、安心です。

      その際、火消し壺の下には何か熱に強い物をしくか、火消し壺自体をベランダのコンクリート、玄関、石などの上に置いてください。火消し壺自体の熱で何かが燃えることはありませんが、柔らかいビニール系の床などですと、熱で跡がつきます。

      火消し壺の炭は次回、火種として最初に火を付ける炭としてご利用ください。

  4. 煙は出ますか?? 火鉢は煙が出ると聞きました。
    1. 火鉢は煙を出しません。ご安心を。
      煙を出すのは炭です。しかも生焼けの炭、つまりまだ“木”の状態の真っ黒な物質とうことになります。 炭とよべるまで炭化させていれば煙は出ません。
      ただ炭火で油物を焼けば煙はでます。またパンを焼くと美味しいですが、不必要に長時間焼いていると、先日の私のように『隣の部屋がやけに煙いな〜』ということになります。お気を付けください。

  5. いただいた火鉢に古い灰が残っていますが使って平気?
    1. 見ていないのでわかりませんが、もしグレー、灰色の灰であれば問題ないと思います。ただかなり汚れていませんか? いちど灰を綺麗にすると良いです。
      灰の手入れのページに詳しく載っていますが、要は小麦粉をこすような“ふるい”に通してあげるのです。 もちろん水であらうと、最高の状態になりますが、お茶の先生くらいしかいたしませんから、ふるいにかけるので充分かと思います。

 

火鉢を使う

 

  1. 火鉢の下に何か敷いた方がいいの?
    特に必要は無いです。火鉢の下が熱くなることはありません。灰が断熱材だからです。ただし金属の火鉢(唐金など)で、しかも灰の中に備長炭を入れるという凝った燃やし方をされるばあいは、敷いた方がよいでしょう。その他長火鉢はもちろんのこと、手あぶり火鉢でも、下が熱くなることはありません。多少暖かいことはありますが。
    なおウバメガシ備長炭が水分を含んでいて、跳ねたとき! 畳や床を焦がすことがありますので、そのために何かを敷くのは良いと思います。そこに落ちてくれればですが。

  2. 陶器の火鉢に水を入れたいのですが。
    よくみる素敵な光景。ただし火鉢は中に塗り薬を塗っていないので水が染みます。室内に置いて水を入れるときは必ずなにかを敷いてください。
    水は漏れるというより、染みてゆきます。そして火鉢の底はいつも濡れた状態になります。 なお木製の火鉢や金属の火鉢には水は入れないでください。

  3. 陶器の火鉢と木製の火鉢。どちらが良いのですか?
    完全な好みですが私どもでは木製のみ取り扱っています。陶器の火鉢は\1,000〜\3,000でたくさんまだ売っています。あえて木製だけを集めています。なので私どもでは完全に木製がお奨めです!
    なんといっても、歴史ある木の木目がすばらしいです。100年前にはあった樹齢300年のケヤキの木も、今はありません。 当時の火鉢は今は見ることの出来ない貴重な木をつかってあるということで、不思議なオーラが出ています。このあたたかい時代のオーラを炭の火と共に感じ取って欲しいのです。そしてこれから何十年、何百年と伝えていって欲しいと思っています。

 

 

炭の起こし方 ・ 炭火について

  1. IHヒーターです。炭火の付け方を教えてください。

    一番簡単な方法は、ガスバーナーを使うやりかたです。

    ※カセットコンロではありませんよ!  カセットコンロはページのあちこちに書いていますが、どんなことがあっても使用しないでください。以前はけっこうカセットコンロで着火を促すページもありましたが、今ではみな カセットコンロは使わないで! になっています。

    まず火起こし器に炭を入れ、周りに燃えるもののない場所で ガスバーナーをつかって火をつける方法がもっともシンプルです。ガスバーナーはカセットコンロのガスボンベを使うタイプものがホームセンターで売っています。

    ところが、付属の口ですと着火まで5分以上かかるそうです。

    私は使ったことがないのですが、火鉢屋でもおなじみの出茶屋さんは、屋台に火鉢をのせて珈琲を淹れています。毎日外で炭に着火しなければなりません。

    その彼女が「付属の口は着火しにくい。」と言っていました。

    どうもホームセンターには、「炭着火用のガスボンベの口」というものが売っているようです。実は近所で私も目にしたことがあります。 当初は東急ハンズにしか無いという話でしたが、今ではホームセンターでも探せば売っているようです。

    この炭着火用のガスボンベの口はアヒルの口みたいにひらべったくなっています。


    これですと1分もしないで火がつくと聞いています。
    火がつきにくい場合は5分たっても火がつかないらしいので、この東急ハンズに
    あるらしい口は必需かもしれません。


    ほかにもう一つ。最も手間のかかる方法に、「七輪での火起こし」 があります。
    結局二度、火お越しをやっている感じです。とはいえ、上記のガスボンベが
    使えないとすると、それ以外方法がありません。

    でも、火鉢の火は絶やさないようにするというのが江戸〜明治の正しい使い方でした。
    (ガスコンロがなかったため火をつけるのが一苦労)
    なので、お休みの日に数時間だけ火鉢を使うような場合は多少面倒でも
    毎回火を熾す必要がありますが、それ以外はなるべく火を絶やさないようにして
    おきたいですね。ま、日中も家にいらっしゃる場合に限られますが。。。
    (夜、お休み前に灰に火種となる炭を入れて灰をかぶせ、その上に燃える炭を
    のせて灰をかぶせます。 灰の中で静かに燃えてゆきます。

    こうして、あるお客様はすでに1ヶ月以上、火をつないでらっしゃるそうです。

  2. カセットコンロで火を付けるのは危険! って本当?

    簡単に炭に火を付けるためにカセットコンロなどを考えてしまいますが、
    お奨めしておりません。 以前 NHKの番組で実験していたそうですが、
    カセットコンロが爆発します。

    紀州備長炭は特に危険だと思います。 炭に火がつくまでに5分以上かかります。
    その間ずっと炭は遠赤外線を発します。 その遠赤外線がカセットコンロ内の
    ガスを熱し続け、膨張し爆発するというわけです。

    もちろんカセットコンロで火をつけている方もいらっしゃいます。またカセットコンロ
    の形状によっては(キャンプ用など)炭の熱が届きにくいから平気では?という
    ご指摘もありますが、当店ではすべてカセットコンロの使用を禁止にしております。

    あれなどは構造上多少安全な気もしますし、お使いの方もいらっしゃいますが、当店ではいずれも実験をしたことがありません。お使いの方もいらっしゃるとは聞きますが、カセットコンロの使用は絶対におやめください。と、申しております。 



  3. 炭から煙がでたのですが。
    炭から煙はでません。炭から煙が出るのは中が生焼けだからです。つまりまだ木なのです。黒くなった木とでも申しましょうか。また中には粗悪なバーベキュー用炭ですと建材の残りを炭にしたり、その他廃材を使っていると聞きます。その場合は材木にしみこませてあった油?や防虫剤なども一緒に炭に含まれていますから、それらが煙を発する場合もあります。どうぞ火鉢屋の上質なくぬぎ炭をおためしください。

 

 


(c)2004 all rights reserved hibachiya.
メールする