1 .一酸化炭素排出について
2.
大きな炭の割り方

 

1.炭の一酸化炭素排出について

の燃焼ガスの約55%は一酸化炭素です。 黒炭(くぬぎ・なら)は白炭(備長炭)に比べると早く燃えますので、時間単位で見ると一酸化炭素の排出量が多いということになります。 

人の出入りの少ないお部屋の場合で、燃えやすい黒炭を使用している場合は特に1時間に最低2〜3回程度は窓を開けるか、換気扇を動かしてください。窓を開けている時間は一回5分以上は必要です。

参考までに、6畳以下の部屋で換気せずに2〜3時間経過すると、確実に頭が重くなってきます。 ただ、3時間もすると一回目の炭が燃え尽きるので、寝てしまったとしても頭痛がするくらいです。

(低い温度で焼かれた炭ほど一酸化炭素が出ます。たとえば練炭など。)

また傾向として、お部屋の上の空気からよどんでくるようです。なので立っているとすぐに、空気が悪くなることがわかります。

逆に座っていると、しばらくは空気のよどみを感じません。

それでも真冬の換気は寒くて辛いですね。

温まった空気を逃がすのがもったいないと感じるかもしれません。

でも炭は炎を出しません。つまり空気を暖めません。多少は暖かく感じもしますが、ガスやエアコン、炎を出すストーブとは比べるべくもありません。

炭は空気を暖めずに、物質に熱を伝えることで暖めます。炭の遠近赤外線が熱を伝導しその火鉢の前にあるものを暖めるからです。 空気を伝って対象物に熱を伝えるのですね。

故に火鉢の目の前にいると、外の空気がいくら冷たくともとても暖かいのです。  

※赤外線の性質は、炭火がおいしい理由のページでも説明しています。

また、窓を開けると新鮮な空気が入ります。すると新しい酸素のおかげで炭は勢い良く燃えます。つまり外から冷たい風が入ってきていても、火鉢の前の体はとても暖かくなるということです。

つまり 『換気をすること=寒い』 ことだけではないのです。実際、寒い冬に窓をあけて風がぴゅーぴゅー入っているにも関わらず、とても暖かいのは、楽しいです。 是非火鉢の威力を感じてください。

2. 大きなくぬぎ炭の割り方

くぬぎ炭の箱には、時に見るからに太い炭が入っています。こればかりはしかたありません。 その際は火バサミなどをくぬぎ炭の隙間に挿して割ってください。

こんな感じです。 これは15kgの徳用くぬぎ炭です。 10kgの火鉢用の炭ですと
こんなに大きなものは入っていません。 ただし3kg、まれに6kgには入っています。

しかし15kgの炭ほど大きくはありません。まれに2つ目の動画のように一回では
割れ無い事もあります。その際は再度挑戦してください。

割れないときもある。そんな様子を捉えた動画

で、もう一回挑戦しました。

 

補足1.◇ 炭は2〜3%の無機成分を含んでいます。 これは燃焼時、灰となります。そして炭が発生する近赤外線はこの灰から出ると考えられています。

補足2.◇ 木炭には水素があまり含まれていません。これは燃焼時、燃焼ガスに水分が非常に少ないことを意味し、海苔を炭火で乾かすとぱりっとやける理由となります。

一般のガス火では水分が多く、そこが炭火で焼いたものがおいしい最大の理由にもなっています。是非火鉢で海苔、おもち、果てはパンなど焼いてみてください。 油がたれるものは鉄鍋などをのせて焼くとよいです。ただ、油の垂れる物は七輪に任せた方が美味しいです。参考までに。


(c)2004 all rights reserved hibachiya.
メールする