火起こし器と台十能とガスコンロ五徳

 

火起こし器

あの鋳物底の火おこし器がやってくる!?

安全装置付きのガスコンロで火起こしできるガスコンロも販売開始!

たかが火おこし器。 されど火おこし器。
この火おこし器がなければ、炭の火起こしが、一気に難しくなります。
その「火おこし器」が、2015年の6月にとうとうメーカーが製造終了で廃版になりました。
これがなければ炭に火を起こせません。
慌てて探しましたら、新潟に最後の最後。1箇所だ火おこし器を作っている会社がありました。

今後はこちらの会社さんから仕入れさせていただくことが決定!
新潟の超優良企業さんなので、今後も永続的に制作してくださることでしょう。
この場を借りて感謝申し上げます。
そしてもちろん!
火おこし器を買ってくださるお客様がいらっしゃって初めて継続できます。
皆様に感謝申し上げます。

世界で一番ステキな火おこし器の写真を撮る!

火おこし器!

高い火おこし器の一番の違いは、鋳物の底です。中国でも作らなくなってしまったのです。
安い火おこし器は底がアルミ板に穴を開けたものだったりしますので耐久性の維持が大変です。
この鋳物底なら頑強で長持ち!
本当に仕入先が見つかった良かったです。こんなに簡単な道具に見えるかと思いますが、結構大変なんです。
大事に販売していきたいです。といういわけで価格は1つ 1,480円(税込)

火おこし器! 火おこし器! 火おこし器!

価格は1つ 1,480円(税込)

1つは実際に使い、もうひとつはオブジェとして最高のコストパフォーマンス!
鉄と木のオブジェでこの価格はミラクル。
是非この機会に2つご購入ください!

火おこし器 2つセットの価格 2,500円(税込)

ガスコンロ用五徳

最近のガスコンロには安全装置がついています。
そういったガスコンロでも炭に火を着けられるようにする道具です。

最近のガスコンロには、安全装置がついていて、炭に火がつく前にガスの火が弱くなるか、止まってしまいます。

ソレを防ぐ道具です。
これがあれば、安全装置付きのガスコンロで火が付きます。

ガスコンロ用の五徳

価格 1,320円(税込)

※各画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

銅製台十能

銅製台十能

火鉢へ炭をくべるとき、火おこし器の下に添えるのが台十能です。こちらは完全に茶道具で、完全なる手作り。厳かに使用するのであればもちろん、銅製台十能です。 表舞台にたつ道具ではありませんが、銅板を打って作った燕三条の手抜きのない道具。火鉢と共に、この台十能をつかうと、火を起こすという行為がとても厳かになります。 1つあれば、複数の火鉢にも使えます。 火消し壷は無くて良いですが、銅製台十能は是非そろえたい隠れた逸品です。サイズ:全長40cm 銅部19cm 取手(天然木)21cm

銅製第銃能のページ

火起こし器と銅製台十能

銅製の台十能は銅を手打ちで形作った手作業のもので、その品質は確かなものです。台として木板が取り付けてありますが、これがあるおかげで、炭の温度と同じだけ熱くなった火おこし器をのせても、熱が床に伝わりません。当然ですが見栄えもとても良いものです。ただこの木、あとでわかったのですがわんちゃんは結構、かじかじします。猫もするかもしれません。ペットを飼ってらっしゃるかたは、この取っ手。充分お気をつけ下さい。

銅製台十能

価格 14,800円(税込価格 15,980円)

ここから下の情報は、古いものになります。火おこし器のサイズなどは同じですが、他の情報は廃版のものばかりです。火おこし器の歴史のつもりでのこしてあります。

 

火起こし器4点セット

火起こし器4点セット 現在廃盤に

<セット内容>
・火起こし器   直径14.4cm 深さ6cm
意匠登録第801198号
・ふた  直径15.5cm 穴直径6cm
・専用火ばさみ  長さ26.5cm
・専用 火起こし器の台    受け皿直径 約15cm
長さ16cm ・ 高さ5cm ・ 取っ手までの高さ15cm


火起こし器の底

火起こし器は新潟の会社が代々 作り続けてきました。 塗装も以前はホーロー加工を行っていましたが、汚水などの問題に対処するため、現在は環境に配慮し、熱硬化性樹脂の材料にはメラニン樹脂 を使用 しています。(製造会社独自) 火にかけた最初のみ樹脂の焼ける匂いがしますがその後は匂いません。ゆえに安心してお使いください。

 

 

火起こし器の裏側

特徴

1. 生活必需品であった火起こし器を何十年も同じ製法で作っている
2. 鋳物で出来た底なので長持ち
3. 鋳物の底は、もちろん 塗料は塗っていません
4. 本体に塗ってある塗料も環境法に沿った物を使用。 以前のホーロー加工は既に使用していません。

■くぬぎ炭の火起こしの方法はこちらのページをご覧下さい。
→→→火起こしの方法

 

 

火起こし器の蓋


こちらは、紀州備長炭の火付を良くするために存在して

いました。くぬぎ炭の着火には必要ございません。

火起こし器に蓋を乗せたところ

商品の性質上、火起こし器の持ち手のところで蓋が浮いてしまい、使い勝手がよくありませんでした。取っ手の位置を少し下にずらしてもらうように職人さんにお願いしましたが、「以前からこの位置だから」という理由で改善されず、不安定なままでした。現在は蓋そのものが廃盤でございます。

 

火ばさみ

炭を使うのに最適、というよりもこのデザインと、錆びにくいメッキ加工が、綺麗でいけています。↑旧モデル 

↓新モデル 火ばさみの形状が変わりました →
(2010/10/8)火ばさみの先の形状
炭をつかみやすく改良されました。

火起こし器の台

ステンレスの足つき台です。こちらも残念ながら廃盤です

 

新火ばさみ 全体

 

火起こし器と台をセットにしたところ

このように重ねて使いますが、燃えた炭や熱い火起こしを入れたままの状態で直接床や畳に置くと焦げる場合もあります。そのまま放置せず使い終わったら焦げても大丈夫なように安全な場所に置くようにお願いします。

火起こし器4点セット 外箱

火起こし器4点セットは箱入りでお届けいたします。

 

火起こし器4点セット 廃版でございます
(セット内容:火起こし器・フタ・火ばさみ・台)

※紆余曲折を経て、廃盤となってしまいました。

申し訳ございません。火おこし器の底の鋳物をつくる工場が無くなってしまい、中国でも作ってもらえず、こちらの会社は火おこし器そのものが廃盤となってしました。現在は別ルートから残っている火おこし器を集めて販売しているところです。宜しくお願い致します。

火起こし器 本体のみ 価格:変更中

 

台十能(だいじゅうのう)

▼手仕事による逸品▼
銅製台十能

 
 

銅製台十能

火鉢にて厳かに使用するのであればもちろん、銅製台十能です。 表舞台にたつ道具ではありませんが、銅板を打って作った燕三条の手抜きのない道具。

火鉢と共に、この台十能をつかうと、火を起こすという行為がとても厳かになります。 1つあれば、複数の火鉢にも使えます。 火消し壷は無くて良いですが、銅製台十能は是非そろえたい隠れた逸品です。

サイズ:全長40cm 銅部19cm 取手(天然木)21cm

銅製第銃能のページ

火起こし器と銅製台十能

銅製の台十能は銅を手打ちで形作った手作業のもので、
その品質は確かなものです。台として木板が取り付けてありますが、これがあるおかげで、炭の温度と同じだけ熱くなった火おこし器をのせても、熱が床に伝わりません。

当然ですが見栄えもとても良いものです。

ただこの木、あとでわかったのですがわんちゃんは結構、かじかじします。猫もするかもしれません。ペットを飼ってらっしゃるかたは、この取っ手。充分お気をつけ下さい。

銅製台十能

価格 14,800円(税込価格 15,980円)

 

 
 > 火鉢屋TOP