火おこしから炭火の維持まで

火鉢・囲炉裏、火おこしの準備

火鉢のあつかいあれこれ

<火おこしから炭火の維持まで>

① 火おこしの準備をする

火おこし器、火ばさみ、くぬぎ炭を用意する。
市販の火おこし器は直径18センチくらいが一般的。その中に、火ばさみを使って炭を3、4本寝かせて詰める。このとき、火ばさみでつかんだ炭をよく振って粉や破片を落とすと、加熱中に爆ぜて飛び散る危険を避けられる。

火鉢・囲炉裏、火おこしの準備

② 火をおこす

火おこし器をガスコンロにかけ、強火で5分ほど加熱する。炭の下のほうが真っ赤になったらOK。
火おこし器をガスコンロから火鉢まで運ぶとき、網目から火の粉が床に落ちることも。そのため、火おこし器は「台十能」という受け皿がセットされたタイプを選ぶとよい(フライパンなどでも代用可能)。

火鉢・囲炉裏、火おこしの準備

【注意!】カセットコンロでは絶対に加熱しないこと。炭火の熱でガスボンベが熱くなり、爆発する危険性が高い。また、着火剤も絶対に使わないこと。

 

③ 火鉢に炭を入れる

灰ならしで火鉢の灰を中央に寄せて山をつくり(五徳の内側におさまるくらいの大きさの山。高さは五徳が隠れないくらい)、山の頂上を平らにならしたら、浅く穴を掘る(穴はごく浅く、ちょっとへこむくらいの感じ)。その上に炭を寝かして置き(寝かせる置き方に法則はありませんが、炭どうし少し接するように置くと、熱を補い合ってよいそうです)、灰を寄せて炭にかぶせる(炭の根元のほうが隠れる程度です)。灰の量は多くても炭が半分見えるくらい。かぶせる灰の量で温度を調整できる。

火鉢の火おこし

 

④ 炭火を維持する

炭が半分以下の大きさになったら、新たな炭を足す。まず、火のついた炭を脇に寄せて中央に浅く穴を掘り、そこに新たな炭を寝かして、その上に火のついた炭をのせる。こうすると1時間ほどで火が乗り移る。なお、新しく足す炭はあらかじめ火鉢の隅に置いておくと、乾燥し熱せられて、スムーズに着火しやすい。
なお、どれほど上質な炭でも熱すれば一酸化炭素は出るし、現代の家は昔とくらべて気密性が高くなっている。1時間に1、2回は窓を開け、新鮮な空気を入れることを忘れずに。

火鉢・囲炉裏、火おこし

コメントを残す