こんにちは。

番頭の三浦です。

少し前に、お友達のやっているカフェへ行ってきました。

下北沢というところにあります。

そこでコーヒーをお願いしたら、「深煎りが好きですか?浅煎りが好きですか?」 と尋ねられました。

 

2種類用意しているのかなと思ったのですが、深煎りと答えると「じゃあちょっと深煎りにしてからお出ししますね。」と言われました。

聞けば、フライパンでさっと煎るのだそう。

 

フライパンでやると、チャフという豆の皮が飛び散って大変なことになると聞いたことがあったのですが、すでに焙煎してあるコーヒー豆ならば追加で煎っても問題ないとのこと。

 

ソレを今日、ふと思い出しまして。

先日購入した豆が、180秒焙煎でした。

飲んでみると、少し深煎り寄りのほうが美味しく飲めそうでした。

今まではそれでも、そのまま無くなるまで飲んでいたのですが、さすがGW?

 

カフェでのやり取りをふと思い出しまして、鉄のフライパンで煎ってみることにしました。

折しも「ガスコンロ用の五徳」があります。

この五徳のお陰で、ガスコンロの安全装置も無効にできます。

 

さっそく煎ってみました。

慣れないので、何度かガスを止めては付けての繰り返しでしたが、中深煎りみたいになりました。

 

飲んでみると、すこーしだけ深煎りになっていました。

もっとやってもよかったです。

 

ただ、思いの外カンタンに出来たので驚きました。

 

今度は七輪に備長炭で煎って、炭火焼きのコーヒー豆なんてやって販売してみようかなと思いました。

 

実は番頭の三浦。

その気に慣ればゲイシャ種の生豆も手に入ります。

個人的にはブラジルの単一農園の豆が好きで、マカデミアンナッツの風味のするのが大好きです。

 

なんて、ちょっと夢を見てしまったGWの初日でした。

 

ナルホドコーヒー豆にハマる気持ちが、わかったような気がしました。

1杯のコーヒーを大事に淹れて、お客さんとお話をする。

なんと楽しそうなんでしょう。

 

私は屋台ではないでしょうが、八王子の山の中のコーヒー屋さん。

なんてできたら、最高だなーと思いました。

 

 

ではみなさん、良いゴールデン・ウィークをお過ごしください。

ガスコンロの安全装置オフ!

この五徳があれば、安全装置付きのガスコンロでも火おこし器で着火できます。今回はこの五徳のおかげで、鉄のフライパンが高温になっても消えること無くコーヒー豆を炒ることが出来ました。ニッチな商品ですが、有難かったです。一家に一台。IHは不可でございます。

コメントを残す