こんにちは。

番頭の三浦です。

先日、千葉県の総武線にある「検見川」という駅へ行きました。

子供の頃、稲毛〜西千葉間にもおりましたので、馴染みがないわけではないですが、降りたのは初めてでした。

そこにパナソニックの販売店があって、とても懐かしい気持ちになりました。

お店の前には、あのビクターの犬がいます!

 

検見川のパナソニックの前にいたビクターの犬

 

ビクターの犬

ニッパー君って言うんですね。

さっき調べてわかりました。

 

 

自分の中ではパナソニックの販売店すら最近では珍しいのですが、

その店頭に犬、ニッパー君がいるこのシーンって、まだ普通なのでしょうか。

随分むかしにはあったのはなんとなく覚えていますが。

 

しかも、これはよく覚えているのですが、乾電池の自動販売機!

検見川のパナソニックの前にある乾電池の自販機

これも見なくなりましたぁ。

昔は確かにありました。

 

不思議な自販機といえば、

なーぜーかー

子供には理解不能なモノの自販機も、結構普通にあちこちにあった記憶があります。

今考えると、とんでもない感じですが。(笑)

薬局でオーケーサイン出すと買えるとか、その時代は子供でしたがなぜかはっきり鮮明に覚えています。

あれはなんだったのでしょう。

こんどいかにも街の薬局っていうところがあるので、OKってやってみようかな。

10年くらい前に京都へ行ったときに、まさにその自販機があって「懐かしびっくり」しました。

 

と、こんな懐かしい話をしたくなるほど、このパナソニックのお店とビクターのニッパー君をみて懐かしさを覚えました。

 

ま、ただそれだけなのですが。

 

ビクターの犬を調べていたらこんなページを見つけました。

最終更新が2018年の5月なので、なんか、ふしぎ。

ビクター犬「ニッパー」の真実。有名なロゴに秘められた心温まるストーリー

検見川のパナソニックの前にいたビクターの犬

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す