Flip book element

乙女のごとく

¥6,800

金沢からやってきた乙女の五徳

サイズ:直径9cm 高さ9cm

写真では繊細に見えますが、ちゃんと五徳、五徳しています。小さな五徳、三寸です。小さな火鉢にぴったりなのは当然、三寸五徳がなかなかみつかりませんでしたが、やっと見つかりました。一言でシンプルと言えないいい塩梅の雰囲気を醸し出します。新しいプロダクトしてリメイクされることのまず無いであろう火鉢道具が、金沢の作家さんの手にかかると「ここまでできるよ」という代表作な気が致します。いかにも金沢なシルエットは、花器としても使いたくなります。

5寸は15cm
3寸は9cmです。

これの5寸版もあるのが嬉しいところ。

いかにも金沢っていう感じのごとくです!

商品カテゴリー: 商品タグ: , ,
続きを読む

杉の火鉢アウトレット品

¥33,000¥104,000

杉の火鉢 アウトレット品の「本体」と、「松竹梅セット」のショッピングカートページです。

杉の火鉢は2013年に初登場。それ以前にもありましたが300台売れたので復刻版でした。このときは250台作ることが決まっていました。2017年の冬で最後の1台が売れました。ケヤキも同じ台数ありました。製造元は別のところでしたので、販売店は当店の他に2店舗ありました。それでケヤキと杉の火鉢、合計500台を4年かけて販売いたしました。サイド復刻版をとも考えてかなり製造元と検討しました。ですが、毎年のように上がる人件費と、材料費。木材は、木の値段よりも、山の中で木を切って持ってくる人がいません。いわゆる木こりです。木こり不足です。その費用が膨大になってきているのです。販売価格5万円以下を目安に作ってきましたが、次は本体だけで10万円に近くなりそうでした。それが、復刻版を諦めた最大の理由です。

こちらの杉火鉢。木材はすごく良いのですが、指物師が作ったわけではありません。木工作家さんがつくりました。なので少しだけ隙間があったりするものが出てきました。それがこのアウトレット品です。物凄いダメなわけではなく、僅かな造りの甘さです。16,000円の値下げです。

もともとの杉火鉢のページはこちら

セット価格が少し安いのは、五徳がその後値上げしたためです。

杉の火鉢アウトレットの説明ページ
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:
続きを読む

自在鉤 丸

¥58,000

盛岡の鍛冶屋つくる自在鉤「丸」

58,000円(税込・送料込)

鍛冶屋の田中さんが作っています。

鉄瓶の取っ手や、茶釜の釜環(かまかん)を、鍛冶仕事で中を空洞にしてつくる鍛冶屋さんとしては唯一人の鍛冶屋さんです。とはいえお弟子さんがいらっしゃるので、今は2人いることになりますが。お弟子さんもかれこれ10年修行しています。

とはいえやはり、親方から受け継いだ仕事を15歳からはじめて50年。鍛冶や他の田中さんの年季には叶いません。

さてこの自在鉤。丸は田中さんのオリジナルです。角は、意外と江戸時代からそのスタイルがあります。ただNYでつかわれているのは角ですし、ここは完全に好みです。丸は、細かい造形もあり、楽しめます。

平成30年の6月に大手の工芸会社さんから声をかけていただき、現在は「龍吟(りゅうぎん)」さんという和食レストランの受付で、照明器具として使われています。また次は「柿安」さんという和菓子屋さんで使われることが決まりました。前者は日比谷ミッドタウン、後者は六本木ミッドタウンです。別ページを作成中ですので、機会御座いましたら是非チェックしてみてください。

ご注文からお届けませで、1週間〜10日ほどです。

※ 自在鍵を取り付けるための道具も作成しています。(5,400円〜)
※ その他、ドアの取っ手なども可能です。

丸の支柱の口部分にアクセントあり。
カギ部分にはひょうたん型がついています。

丸い支柱のスタンダードタイプ。
シンプルで安定感のある作りです。

重さ:1,23kg 長さ:105cm
のばした時の長さ: approx. 170cm〜175cm

 

角の重さとサイズは

重さ:0.67kg 長さ:112cm
のばした時の長さ: 170cm〜180cm 

商品カテゴリー: 商品タグ: ,
続きを読む

自在鉤 角

¥48,000

盛岡の鍛冶屋つくる自在鉤「角」

 

鍛冶屋の田中さんが作っています。

鉄瓶の取っ手(弦)を作っている職人さん。
鉄をトンカン打って、まるめて、中を空洞にします。取っ手が空洞だと、お湯が沸騰していても鉄瓶を素手で持つことが出来ます。そんなイカシタ取っ手を作っています。江戸時代から代々つづく鍛冶屋です。

この自在鉤は、その鍛冶屋の田中さんのつくったもの。スタイルはこれまた、誰が考えたのか、江戸時代から存在ます。まれにこうした自在鉤を骨董屋でもみかけます。ただし、現在は非常に珍しくなってしまいました。

在庫はございません。

ご注文いただいてから1週間ほどでつくりまして、2〜3日でお届けいたします。

つまりご注文からおよそ10日でお手元に到着する計算です。

※関連記事:鉄瓶の弦ができるまで。

2014年には、NYの和食レストランに採用されました。

2018年には、龍吟(世界No.3のシェフ)さんに採用されました。

柿安さんで採用されることが決まりました。

NYの和食レストランでは、電灯をつるす照明器具として7本も吊り下がっています。

ニューヨーカーにかなりの評判だと言われましたが、お店の名前を等々教えてくれません。どなたか見かけた場合は教えてください。

※ 自在鍵を取り付けるための道具も作成しています。(5,400円〜)

細めの角材でモダンなタイプ。
鉤の部分のデザインが凝っています。

重さ:0.67kg 長さ:112cm
のばした時の長さ: 170cm〜180cm 

商品カテゴリー: 商品タグ: ,
続きを読む

宮内庁向け・漆と銀の火箸(明治後期)

¥10,800

岡本専助「漆と銀の火箸」

1組の価格 10,800円(税込)

明治後期に最も活躍した「岡本専助」のつくった火箸。とても珍しいです。珍しい理由は、この作家の岡本さんは、漆器専門で、茶道具の棚物をはじめ、お盆や吸物椀、折敷などが中心。火箸は初めて見ます。宮内庁向けに色々作った中の1つではないかと思われます。

作家の岡本専助は漆器の第一人者で、その後の岡本漆専堂(京都の老舗漆器の会社)の前身。ちなみに専助の名前は本名ではないかもしれません。江戸期の浄瑠璃作家「菅専助」から頂戴したのではないかと思っています。それはさておき、取っ手はこの岡本専助の漆塗り、漆器の取っ手ということで、ちょっとワクワクします。金属部分は純銀。配合はわかりませんが、火鉢ように銀に亜鉛かなにかを混ぜていると思います。流石にそのへんは詳しくわかりませんが、24金とか18金といったのとおなじです。なので、安心して備長炭でも掴むことが出来ます。

穴は虫喰を表しています。それにしても、なかなか面白い作風です。また、こちら共箱に入ったままみつかりました。さすがに明治時代につくられたものなので、組紐もかなり固くなっています。でもまだまだつかえるあたり、さすがタダのヒモではないですね。販売は1組ずつですので、共箱はつきません。青い布にそのままお入れしてお送ります。よろしくお願い致します。

岡本専助は京都の八坂倶楽部で展示会も行った記録がのこっています。その岡本専助の宮内庁(当時は宮内省)向けの火箸。数はありますが、二度と見ることはないでしょう。

黒漆の火箸 1組だけ在庫あり。こちらのページです。

商品カテゴリー: 商品タグ: , ,
続きを読む

明治時代「漆塗りの火箸」

¥7,800

明治時代につくられた漆塗りの火箸

長さ27cm

1組仕入れることが出来ました。こちらの塗の火箸、昔はよく手に入りました。いつのころからか、パタリと見なくなりました。火箸といえば鍛冶屋の田中さん。おなじようなものが作れないかと、相談した事があります。でも鍛冶職人さんいわく、「どうしても火箸と取っ手のつけねが難しい。」とのこと。たしかにこの細工は、再現するの困難極まりありません。というわけで、今となっては貴重な漆塗りの火箸。アンティークですので多少使用はしてありますが、ほぼ未使用です。こうした火箸、たまにつかっていて、火元の炭にたおしてしまったりして、絵の漆が火でやられちゃったりするのです。そうした形跡はもちろん皆無でして、ほんの僅か使用した程度だったのでしょう。良いお道具、良い火鉢をお持ちの方は、丁寧に使い丁寧に保管すると師匠からよく聞かされました。今年の冬はぜひ、塗りの火箸で冬の寒さをお楽しみください。その昔の、丁寧な生き方をしていた時代の日本人を思いつつ。

商品カテゴリー: 商品タグ:
続きを読む

虎斑竹の黒竹炭籠

¥59,000

虎斑竹とらふだけ黒竹炭籠くろちくすみかご

竹の工芸”よしだ”さんに作っていただいた当店のオリジナル炭籠です。

ご注文後に作成いたしますが、概ね3ヶ月かかります。漆を何度も重ね塗りし、内張りは一閑張いっかんばりにございます。

こちらは縦と横、どちらも四国の黒竹、虎斑竹(とらふだけ)と呼ばれる竹を使用しています。

四国の一部地域にしか生息しない、虎斑竹で編み込み、その後漆を何層にも重ね塗り。内側は和紙に漆を塗ってはったもの。一閑張(いっかんばり)でつくられています。内側は固く、ゴツゴツした炭をいれても全く問題ありません。もし破れてしまっても、送料のみで修理いたします。ご安心ください。

同じく竹編みの取っ手は、竹の釘と竹材との結わえで固定されています。一松炭籠よりも少し大きめに作ってありますが、ご希望であればサイズを小さくすることも出来ます。

ご注文いただきましてから2〜3ヶ月でお届けいたします。

サイズ:底20cm×20cm 口23cm×23cm 深さ15cm
持ち手までの高さ29cm 持ち手上部の長さ28cm

参考までに市松炭籠のサイズ
サイズ:20cm×20cm、深さ11cm、持ち手までの高さ23cm

商品カテゴリー: 商品タグ: , ,
続きを読む

市松炭籠

¥52,000

火鉢屋オリジナル市松炭籠いちまつすみかご

竹の職人さんに作っていただいた当店のオリジナル商品です。

ご注文後に作成いたしますが、概ね3ヶ月かかります。漆を何度も重ね塗りし、内張りは一閑張いっかんばりにございます。

縦横の千鳥格子模様。
縦編みは、福岡の真竹で。横は高知県の一部地域にのみ存在する黒竹で編んであります。内側は和紙の一閑張(いっかんばり)ですので、固く滅多なことでは破れません。同じく竹編みの取っ手は、竹の釘と竹材との結わえで固定されています。

私は骨董屋さんのお茶道具をよく手に致しますが、この竹籠に関してはどの時代のものよりも、竹の職人さん「吉田さん」のものが美しく、また頑丈に作られていると感じております。火鉢や、茶時でお使いやすいように造っていただきました。この籠1つでその場の空気が締まります。

ご注文いただきましてから2〜3ヶ月でお届けいたします。

サイズ:20cm×20cm、深さ11cm、持ち手までの高さ23cm

商品カテゴリー: 商品タグ: , ,
続きを読む

Create a Flip Book for any product category. You can also select custom posts.