火鉢

 

火鉢の道具店ができるまで

2004年にスタートした火鉢のお店。どうして「火鉢のお店」を始めたのですか? と、よくご質問をいただくので、Aboutページで先にご紹介しようとおもいます。

下の画像は、明治時代の中頃
につくられたケヤキと黒柿の手あぶり火鉢です。

明治時代の手あぶり火鉢
皆様こんにちは!

ページをご覧頂いてありがとうございます。

最初のOPENは、2004年の5月ころでした。

一番最初は、杉並区の善福寺3丁目ででスタートしました。

火鉢のお店を始めたきっかけは、「流れから」です。

2002年、「恵比寿」を自分の街と勘違いした、少し頭の足りない私が、
恵比寿の海外向けWebサイトを作ろうと、恵比寿中を営業してまわりました。

最終的にこれは途中でやめてしまうのですが、そこに1軒の炭屋さんがありました。

そうなんです。

恵比寿はもともと炭の街だったのです。

その昔、恵比寿は蒸気機関車の終点駅。そこで石炭を詰めてシュッシュ・ポッポと走り始めるわけです。

そのため一時期はは70軒以上の炭屋(燃料屋さん)がありました。

時は平成。今は1店舗しかありません。

その炭屋さんへ、2002年の春にWebサイトの営業で伺ったのがすべての始まりでした。

 「そんなものはいいから、うちの炭を売ってよ」

その言葉を聞いて初めて、「ネットでものを売るのも面白そうだなぁ。」と思い、
目の前にああった炭の下着(Tシャツとかパンツとか、炭の女性用肌着)の販売ページを作り始めるのです。

これがすべての始まりでした。

 

 

運良く、売れなかったのです。実は当時の5年以上前に炭ブームがあり、すでに炭も炭製品もあまり売れない時代になっていたのです。

ここで売れていたら、単に炭だけ売っていたことでしょう。

しかし売れないことにはこまってしまいます。炭の下着が売れないので次はシックハウス対策や電磁波対策の炭を売り始めました。要は紀州備長炭なのですが、これも月に数万円しか売れませんでした。

いやあ、運が良かったです。(笑)

それで仕方ないので次は七輪を売り始めるのです。

そこには何の思想もないのですが、とりあえず数日徹夜をして七輪のページを作るわけです。

せっかくがんばって作った七輪専用のホームページ。
出来上がってみたらすでに老舗の「七輪本舗」さんがいることに気が付きます。 (最初に調べて!)

もはや私のページで七輪がたくさん売れる気がしません。

これは本当にがっかりしました。

それでもうやめようかと思ったのですが、そういえば火鉢があるなぁ なんておもって、たまたま目にした骨董の長火鉢を出品してみたら、これすぐに売れました。

ここで「勢いのある商品」に巡り会えたので、その勢いで鉄瓶やら火鉢道具などを、職人さんを探しつつ集め始めました。

 

当初は骨董の火鉢だけ。しかも木製の四角い火鉢に絞って集めていました。

そしてOPENから7年後の2011年。

東北大震災が起こります。

これはいろいろな意味で大きな変化をもたらしました。

70年にわたって椚炭を焼いてきた、福島の炭釜が全滅しました。 また日本人のマインドが急激に原点回帰したからなのか、鉄瓶にも注文が殺到し、手に入らなくなりました。

骨董の火鉢も、いい加減見つからなくなってきました。

お茶道具や火鉢道具の職人さんも、両手に近い人数、ご高齢により人生を全うされました。

こうして迎えた2016年。

私たちは生まれ変わらなければなりません。

今は(2016年12月10日)まだリニューアルページも完全ではありませんが、とりあえず12月にリニューアル・オープンを果たしました。

これからは火鉢を販売すること以上に、火鉢という文化を通じて、みなさんとつながり、色々な情報を共有していきたいと思っています。

火鉢道具だけではないものも、これから少しずつ出てくると思います。 今まで8000人近くのお客様にご注文いただきました(正確な数字です)。本当にありがとうございました。物凄く感謝しています。

 

そしてこれからは、少し新しい形でみなさんとつながっていければと思います。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

火鉢屋あらため火鉢の道具店