手あぶり火鉢 第323弾 黒柿一枚板:明治の火鉢

総黒柿|分厚い一枚板の火鉢|明治時代

恐るべき黒柿の分厚さ

サイズ:縦横:28cm|高さ:28cm

先日、第322弾としてご紹介させていただいたのがこちらの黒柿の火鉢。

甲乙つけ難い見事な火鉢。いかにも明治!!

といった作り。風貌でございます。

底の板が明治時代までは厚いです。

明治時代でも前期・中期・後期とだんだん薄くなっていきます。茶器でも似たような傾向があります。そば猪口、ぐい呑、みな明治の前期のものは底が分厚いです。それがだんだん薄くなってきて、大正時代〜昭和初期は現代と変わらない雰囲気になってきます。

火鉢の場合はほかに「板の厚み」、「ホゾ組の組み方」などでも時代によって流行りがございます。

板の分厚さは長火鉢以上

長火鉢といえども、関西火鉢の天板以外は意外と薄い木材を張り合わせてあるものも多いです。貴重な木材をバンバン使えたのは明治期まで。昭和にはいって作られる火鉢はほぼ確実に薄い板を別の板、たとえばナラや杉材に貼り付けています。これとても薄くしなければなりませんし、大層な指物の技です。たんに樹齢数百年のケヤキにせよ黒柿にせよ、ものすごい価値のある木材はナカナカ手に入らなくなった体と思います。

手あぶり火鉢でこの分厚さは過去に明治の火鉢で何台かございました。すべてケヤキでしたがたしかに有りました。取っ手もわざと雲(長火鉢の取っ手のあれです)などつけずに、彫込をいれたこのタイプ。板の厚みをこれでもかと言うほど見せてくれます。主張しています。

中の道具について

火鉢をこのまま譲られました。五徳はよくある三本足。火箸(ひばし)は薬莢の火箸。もちろんどなたかが趣味で?つくったもの。初めてみました。なお法的には全く問題ないこと、調べて確認しました。ご安心ください。灰ならしもついています。ついでにナラ灰も必要な量をおつけします。3kg〜4kgでしょうか。 本体だけをご希望の場合は差額6,000円になります。

1000台以上の手あぶり火鉢の中ではナンバーワン

販売台数は400台以上ですが見てきた数は1000台ではないです。数千台はあります。でもこの分厚い黒柿の手あぶり火鉢は過去に1度みたことがあるだけかもしれません。写真は残っていません。ケヤキのほうは4〜5台はございましたし、うち一台は私が数年使用していました。

こちらです。懐かしい。

明確に覚えている、総欅(そうけやき)の手あぶり火鉢はこちら一台のみです。

取っ手が同じく、切込みになっています。

こちらの写真だとわかりにくいのですが、ホゾ組は第322弾と同じ組み方です。

前回の322弾も、そして今回の323弾も、正直私が数年は使用したいです。

もしどなたからも引き合いございませんでしたら、其のようにさせていただこうかなぁと思わなくもないと申しますか、思います。

骨董の師匠には

「良いものこそ自分の手元で止めてはいけない。」

と、言われてはいるのですが。

お使いいただける方がいらっしゃいましたら是非。

そしてもし手放すことがありましたら、何年後でも結構ですのでご連絡お待ちしております。

 

 

クリア