手あぶり火鉢~第324弾|だるま火鉢

¥9,800

陶器|だるま火鉢(ほぼ未使用)

とってもきれいな状態の「だるま火鉢」です。

灰付き。

江戸川区のお茶室をお持ちの先生がお使いでした。昨年引退されまして、こちらのほぼ未使用の「だるま火鉢」を譲り受けました。人づてにですが。

サイズ:直径 17cm 高さ24cmくらい

だるま火鉢とは?

  • 火鉢の上を覆う部分がある。
  • 円柱スタイル。

この2点が特徴の火鉢。

陶器|だるま火鉢の画像 歴史的な火鉢の画像 大正 昭和

だるま火鉢はどこで使う?

基本的に人の通るところ。廊下だったり、玄関先だったり。

火鉢の上にカバーみたいな覆いがあるのは、上から物が落ちてこないようにするためなのか、目につかないところに置いた「だるま火鉢」で、うっかりを無くすためでしょうか。

廊下や回廊において途中の暖にしたり、夏はお香を焚いて「夏火鉢」として使ったりします。

「香を炊く夏火鉢」は、京都でのみ言われているようです。

私は夏は蚊取り線香を炊くのに使っています。

在庫切れ