カリンの木。凄く小さい手あぶり火鉢|元旦火鉢 第一弾

とっても小さい花梨の火鉢

元旦火鉢 第一弾|手あぶり火鉢 第322弾

火鉢のサイズ

縦横19cm  高さ16cm

普通の手あぶり火鉢は28cm前後です。

小さいけど、ちゃんと手あぶりなのであったまれます。

花梨の木だと信じていますが黒檀の可能性もあります。木の狂いがゼロなので隙間もぴっちりしています。小さくて可愛っくて手放したくない火鉢ナンバー1ですが元旦火鉢なので思い切って登場です。

奥さんが「売らないでほしい」と言っていますが心を福の神にしてスルーしました。

番頭が気に入っている特徴

1.大きさ

この大きさは素晴らしいです。小さくて可愛いけれどギリギリしっかり使える大きさ。小さいのにめちゃくちゃ細部まで作り込まれています。

2.四角いのに炉が丸い

なかなかセンスの良い指物師さんだったんだなぁと感じます。かなりのセンス。

3.丸いけど微妙に多角形

丸いのに多角形は見事です。銅板でつくる炉も多角形になると突然難しくなります。手あぶり火鉢は必ず2つ1組で作られますが、このカリンの火鉢の兄弟姉妹はいたのでしょうか。

4.取っ手が金属

この取っ手を黒柿にしないあたりがモダンです。作られた時代は昭和の初期だと思います。かなりイケメンの指物師がつくったのじゃないでしょうか。勝手な想像です。

5.狂いがゼロ

狂いとは、木が伸び縮みして隙間ができたりしることです。最初の木の乾燥のさせ方から色々あるようです。この下準備は木材の生命線。炭焼の木材も3〜7日の間で乾燥させたものでないと良い炭ができあがりません。

 

価格設定は2022年に無理やりかけました。火鉢の価格は当初から24,000円のつもりでした。おつけする火箸と灰ならしは、この火鉢用かとおもえるほど細い灰ならし。これだけでも売値4,800円のつもりでした。火箸は桑の柄のものをおつけします。かなり昔の鍛冶屋の田中さんが作ってものが、巡り巡って仕入れることになりました。

断然お得な3点セットがおすすめです。

灰、火箸、灰ならしをお付けします。

 

 

 

 

¥20,220¥22,022

商品コード: 該当なし カテゴリー: , タグ: