アマビエ様のお守りアイテム懸仏(かけぼとけ)

¥5,800

アマビエ様の懸仏

ある日本当に思いつきで盛岡で二番目に古い鉄瓶職人さんに「アマビエでなにか作ってください!」

と、まさに藪から棒に電話してみました。

それから1週間。

突然連絡がきて、出来上がったのがこちらです!

なんとアマビエの鍋敷(なべしき)でした。

でも職人さんは「懸仏」っぽく作ったそうです。

直径12cm

アマビエさんの絵をみながら手書きで鋳型に書き写し。まさに写経です。

鋳型も鉄瓶と同じく土から造ります。だから1つの型は4回しか使えません。4回使ったら壊して土にもどります。盛岡の鉄瓶はみんなこうやって出来ています。

ほぼそれ以外の鉄瓶はワッフルやたい焼きのように造ります。だからたくさん作ることが出来ます。

このアマビエ様は写経した上に鋳型は4回まで。

だから在庫4個からスタートです。

 

なお、鍋敷なべしきもしくは鍋敷としては足が小さいです。

これは懸仏として使うのが正しいかなと思います。

懸仏は文化財として残っているくらいで、新しく作られたものはあるのか無いのか。Googleで検索したけど見つかりませんでした。

令和の時代になって復活した懸仏は、アマビエ様がモチーフです!

皆様のご不安の軽減に役立ば、何よりの喜びです。

在庫2個

カテゴリー: タグ: ,