¥89,600

清穂堂せいほどう 藍染銅瓶あいぞめどうびん

現存する唯一の藍染め

ご売約済でございます。有難うございました。

価格 83,000円(税込 89,600円)

藍染による染色でつくられた鎚起銅器ついきどうき。つまり銅瓶です。清穂堂せいほどうさんは、今もありますし、お電話もいたしましたが、現地には作品は無いそうです。10年以上前まではまだ完全現役でした。ネットで検索すると、中古が僅かに出てくるのみ。ヨドバシカメラでも昔は売られていた形跡がありました。ただ画像は1つも残っていませんから、相当前のことだと思います。
当時は山川堂、玉川堂と肩を並べる存在でした。現在日本で、鎚起銅器ついきどうきを作っている工房は、新潟に1〜2軒、東京の荒川区に1軒のみ。(そのうちの1軒については、制作動画もございますのでページ下でご紹介致します)この珍しい作風の、雫模様しずくもようと藍染による鎚起銅器ついきどうきは、清穂堂せいほどう さんの独特の技法でした。これだけは他で見たことが無いのです。中古品でも珍しい清穂堂せいほどう さんの銅瓶と、茶壺、どちらも完全な新品で、倉庫の奥から見つかりました。これもなにかのご縁だと思います。銅瓶の底に、小さな、すり傷がああります。アップ画像にてご覧いただけます。また箱が新品同様とはいきません。そのため2万円値引きした価格になっています。でもすり傷が表面じゃなくてよかったです。この藍の紫と、銅の黄金色のコントラストは本当に見事で、見ていて惚れ惚れ致します。皆さんにも写真で伝わればと思ってたくさん撮影してしまいました。画像多すぎてすみません!

容量1.8L
590g!!
高さ21cm 幅17cm
フタ直径8.5cm
フタまでの高さ10.5cm

清穂堂せいほどう 藍染茶壺あいぞめちゃつぼ

こちらはおなじ藍染の銅茶壺です。セットで残っていました。単品売りも考えたのですが、できれば一緒にお使いいただきたい。そんな気持ちを込めて今回一緒に登場と相成りました。

お茶っ葉200gくらい
重さ 250g
直径 9.5cm
高さ 11.5cm
口直径 5.3cm
底直径 5.5cm

 

清穂堂せいほどう 藍染銅瓶と茶壺のお値段

価格 83,000円(税別)

税込み89,600円

 

一応内訳ですが、藍染銅瓶のほうが62,000円 茶壺が21,000円の計算になっています。

もちろん底の傷がなければ82,000円。

合計83,000円 消費税を加算いたしますと89,640円となります。

在庫切れ

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,