戦後の歴史背景から生まれたギンギラ灰ならし(未使用品)

昭和30年ころ。戦後につくられた灰ならし

 

Point「供出」1930年代〜1945年の主に戦時中。戦争で使用する武器製造のためあらゆる金属を国に提供がマストでした。そのことを「供出」と言っていました。火鉢の銅板も提供したという証言が実際にあったと伺いました。

 

戦後の開放か?この灰ならしはギンギラです。

この供出の間につくられた灰ならしは陶器でした。

陶器の灰ならしも一時骨董屋さんで結構見ましたし、弊店でも販売してしまいました。

思えば貴重な歴史の証でした。1つくらい残しておけばよかったです。

さてその供出のときの抑圧からの開放があったのかもしれません。

戦後すぐに造られた金属製はなんとなくきらびやかでした。

こちらの灰ならしはステンレスのプレス加工。

当時はプレス加工品が日常品になるところに新しさがありました。

そうした戦後の時代背景がこの灰ならしにはでています。

 

 

見たこと無いレベルでギンギラ、当時は珍しいステンレスプレス灰ならし。

長年道具を見ていましたが初めて見る灰ならし。

3枚ありました。こちらが最後の1枚。

是非昔の日本人に思いを馳せてお使いください。

 

灰ならしサイズ長さ 18.5cm 幅 7.7cm

 

平和な時代に生きていたよかったです。昔の日本人さんたち有難うございます。

 

 

¥4,500

在庫1個

カテゴリー: タグ: , ,