茶釜と同じ造りでつくった火消し壺

¥78,000

直径22cm 高さ18cm

茶釜と同じ造りの火消し壺。輪っかは、釜環(かまかん)です。茶釜には取っ手がなく、取り外しができる取っ手(釜環)を使用いたします。鍛冶屋の田中さんはもともとはこの釜環の名人でした。この細い釜環の中を空洞にしてつくります。その技を利用して鉄瓶の弦を空洞にして、熱くないような取っ手を造ります。10年以上前の高額品専門の企画でつくられたものだそうです。当時は鉄瓶が売れないこともありましたので、職人さんはたまに「このようなものを作ってみたよ。」という挑戦というか試作をしていました。私はこの火消し壺も同じ流れで出来たものだと思っておりました。いずれにしても鉄瓶と同じ作りでしたのと、非常に珍しいよく出来たものだったので、お茶の先生への口コミで数個をお売りしただけでした。その後、1つだけ保管しようとしながら、そのまま存在を忘れていた。というのが現状です。今回お尋ねいただいたことで思い出した次第でございます。盛岡の鈴木主善堂の鎌職人が作ったものです。ただし釜環はただ鉄を丸めたものですのでよろしくお願いいたします。

商品カテゴリー: 商品タグ: