¥110,000

昨年2019年から販売を始めた檜の火鉢ですが、2020年3月7日付けで職人さんから連絡がありまして。

一時的に製造をお休みしたいとのことでした。せっかく年明け早々に3台ほどご注文いただきました。まさかこの3台で一旦の販売中止になるとは思っていませんでした。誠に申し訳ございません。

なお、檜よりも先に制作してあった「ナラノキの火鉢」はこれから登場となります。よろしくお願いいたします。

新品の火鉢第三弾【西川ヒノキの火鉢】

もともとは新品の火鉢第一弾【桐の火鉢】を造ってくれる作家さんの、逆提案で実現した火鉢です。埼玉県の南西部、荒川支流の入間川・高麗川・越辺川の流域は、西川林業地と呼ばれる一帯。江戸時代から材木の一大生産地として有名でした。

西川ヒノキとして当時から有名なヒノキですが、西川という地名は存在しません。

江戸の西の方の川から(イカダに乗って)やって来る。という意味で「西川の木材」と呼ばれるようになりました。主に飯能市や日高市にまたがる一帯ですが、周りを標高400m〜1700mの山々に囲まれ、また比較的温暖なためヒノキの生育地として非常に適しています。そのため江戸時代から【西川のヒノキ】はヒノキのブランドとして君臨していました。

「昔から有名なヒノキを使ってぜひ火鉢を造りたい。」と、職人さんに提案され出来たのがこちらの火鉢です。これからの火鉢文化と、西川の林業とのある意味初めてのコラボーレーションと言える火鉢が出来上がりました。末永くお使いいただける、しっかりした造りと材質をお楽しみください。

お取り寄せができます

商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,