明治44年に作られた鎧の職人がつくった火鉢用のお箸

¥24,000

明治44年に作られた明珍さんの火箸

明珍火箸(みょうちんひばし)というのものが今もあります。明珍さんが造っています。

明珍火箸で検索するとでてまいりますが、平安時代からつづく鎧の鍛冶部分をつくる鍛冶職人です。

鉄瓶などの鍛冶屋さんとは製法がまったく異なる上に、詳しいことは明珍家にしか伝わりません。

 

明治44年 第49代さんが100歳の記念に作られた

明珍家の初代は宗次さんとおっしゃるそうで、は平安時代の方だそうです。

現在この明珍家は52代になっています。

この明珍火箸を造ったのは第49代目の宗之さん。もしくは息子さん。

100歳になったことを記念して造った火箸になります。

当然のように当時の明治天皇にも献上されたようです。

当時のことを説明した販売店のチラシでしょうか。一応残っていました。

おめでたい以上に非常に貴重な火箸でして、明珍さんのところにも残っていないのじゃないでしょうか。チラシの電話番号が4桁の 1015 です。

まだ電話は日本に2000とかしかなかったのでしょうか。

 

かろうじて2組を、さる方に譲っていただいたので在庫は2組になります。1組自分で保管しておきたい気持ちもかなり強いのですが。

在庫切れ

カテゴリー: タグ: