手あぶり火鉢 第二百三十四弾「杉と虎竹の手あぶり火鉢」

¥9,800

山形県の庄内地方から出てまいりました。黒竹、虎竹、笹竹が使われています。虎竹は四国の一部にしか生えていないと言われています。そもそも竹をつかった火鉢を始めてみました。楽天市場に竹虎さんという非常に有名な竹専門店がありますが、そこの地域でしか取れないものだと記載されてあります。実際、弊店でも炭籠をお願いしている竹作家さんも同じことをおっしゃっていました。竹は細くなるまで切り裂いて行きます。そこが一番大変な作業で、編上げは実は大したことがないと聞いています。その編み上げる前の段階の、細い竹を使っています。残念なのはワレが一箇所あります。杉材部分ですが、これは仕方なかったのでしょう。ただこれ以上は広がりませんしガタツキもありませんので問題ございません。他何かご質問あればお気軽にお尋ねください。

在庫切れ

商品カテゴリー: