桐箱火鉢(本体のみ)

¥42,000

新品の火鉢の中では定番の桐箱火鉢。当初は新潟の桐たんすの職人さんが作っていました。数年前に廃業しました。今は小江戸「川越」の職人さんが作っています。一時は廃盤のお知らせをしたこともあった桐箱火鉢。無事復活です。以前よりもクオリティ上がりました。新潟の職人さんは自然体気質。気分が乗ったときと、そうでないときの差がありました。今の職人さんはさすが小江戸「川越」。きっちり作ってくれます。

江戸時代から手あぶり火鉢といえば、ケヤキと桐と相場が決まっていました。桐は茶道具でも好んで使われます。当時の茶道といえばお煎茶のことを言いました。そのため今でも煎茶道のほうの道具は桐が多様されています。江戸期〜昭和の戦前までにつくられた桐の火鉢は「瓶掛(びんかけ)」とも呼ばれていました。今回ご紹介する桐箱火鉢はフタがついている現代仕様。ただしフタで火を消すことはおすすめしません。あくまでオフタイムにサイドテーブルとして使うため。でもとっても便利な仕様になっています。お外のベンチで読書するためにご購入されたお客様もいらっしゃいました。軽くて扱いやすいとっても優秀な桐箱火鉢です。