まるで火鉢の教科書!百年先まで使える【保存版】

火鉢屋でやったコーヒー教室

火鉢の教科書 はじめに

火鉢は日本人が1000年以上も使ってきた暖房器具。
昭和30年ころまではどこのお家にもありました。

火鉢は平安時代に中国からやってきました。でもなゼか文化として根付いたのは日本だけ。 そんなわけで、是非まだの方は、これから火鉢、使ってみてください。

既に火鉢をお使いの方には、もっと楽しめる火鉢を、ご紹介してまいります。

まだ書き足し中ですが、公開しちゃいました。

火鉢のある暮らしの始め方

火鉢のある暮らしを始めるには、以下の手順でやってみてください。

 

まずは火鉢を手に入れる

火鉢がないことにははじまりません。まずは火鉢を手に入れます。新品の火鉢骨董品があります。骨董の火鉢の中には、大きな長火鉢小ぶりな手あぶり火鉢があり、手あぶり火鉢の中には、木製、陶器、金属などがあります。

 

道具を揃える

③ 安全性について知る

 

火鉢の基本的な使い方

① 火をおこす

② 火を消す

③ 出かけるときは?

④ 子供がいるけど

⑤ ペットがいえるけど

 

火鉢と囲炉裏の違い

囲炉裏は、床に炉(四角い灰をいれるといころ)が掘られたもの。移動できないものを言います。

火鉢は平安時代に中国から入ってきましたが、それは金属でできていて、膝に挟んで使いました。
それを◯◯◯ま火鉢と呼ぶ人もいました。

江戸時代に入ると火鉢が登場します。移動ができるからです。陶器が主流でしたが木製の火鉢は高級品で木目が珍重されました。

明治に入ると庶民の家にも部屋の概念ができたので、移動できる火鉢が爆発的に普及しました。
火鉢は昭和30年前後までは家の暖房の中心的存在でした。

現代は「囲炉裏風テーブル」というのがありますが本当は「火鉢」です。ま、どちらでもいいのですが。

これから「火鉢のある暮らしを始めるには」を描いていきますが、囲炉裏も一緒です。