錆びやすい鉄瓶と錆びにくい鉄瓶にみられるたった1つの違い

錆びやすい鉄瓶と錆びにくい鉄瓶の違いを解説のサムネ画像

こんにちは。 番頭の三浦です。 今回は鉄瓶には錆びやすい鉄瓶と錆びにくい鉄瓶があること。 その理由について解説します。 錆びてくれるから鉄分が採れます 突然ですが、 鉄瓶は鉄ですからサビます。 サビは赤い色をしています。>>

鉄瓶の選び方 その特徴

修理前の鉄瓶と急須

鉄瓶の最後の工程で「かなき止め」という処理があります。炭で1000度以上で鉄瓶の本体を焼きます。すると未来永劫なかなか錆びにくい鉄瓶ができあがります。錆びたとしてもお湯が赤くなりにくいです。 量産品はこの「かなき止め」が>>

お客様の声 Vol.53 火鉢編

お客様からいただいた火鉢のお写真 53th

火鉢が来て約3年になります。 ふと、火鉢を使う…大人3年生!?になるんだとふと今、思いました。 使い方も自己流。 なかなか火が着かなくて…気温のせいなのか湿度なのか、まだまだわからないことだらけです。 先日、備長炭の欠片>>

火鉢の修理の仕方とその様子

【11月15日 追記】 こちらのブログを御覧いただいたお客様から嬉しいメールをいただきました。この難解な文字をお読みいただき調べられたそうです。 おそらくは「明徴録」という明治時代に発刊された書物のものと思います。国会国>>