お知らせにて候

ご来店、大変感謝しております。

本日、12月11日の戌の刻(いぬのこく:午後7時〜9時)頃に、
お店のトップページが大幅に変わります。

今、せっかく来ていただいて恐縮でございますが、
本日の戌の刻にお待ちしております。

 

念のため、

ショップページはこちらになります。

 

戌の刻

 

まるで火鉢の教科書!百年先まで使える【保存版】

珈琲と火鉢

火鉢は日本人が1000年以上も使ってきた暖房器具。
昭和30年ころまでは各家庭にありました。

平安時代に中国からやってきた火鉢ですが、
各家庭で使われ、火鉢から囲炉裏、そして茶道へと変化していき、文化として根付いたのは日本だけでした。

そんな日本の文化を、平成の時代から更に次の時代へ紡いでいきます。
火鉢の教科書が、はじめての方でも火鉢を簡単に使えるようにします。
また、既に使っている方には、火鉢だから楽しめる奥の深い楽しみ方をご紹介します。

火鉢のはじめ方

火鉢をはじめる前に、知っておきたいこと。

火鉢にはどんな種類がある

火鉢の安全性

火鉢の道具

火鉢の基本的な使い方

火の起こし方 くぬぎ炭編

火の起こし方 備長炭編

火鉢の基本的な使い方

火鉢の後始末

火鉢のお手入れ in オフシーズン

火鉢を使い終わったら

火鉢のオフシーズン

火鉢を1年以上使わない時

火鉢の楽しみ方

人と人をつなぐ火鉢

火鉢でお餅

火鉢でおいしく食べる

火鉢と鉄瓶

火鉢と中国茶

火鉢と日本茶

火鉢と紅茶

火鉢と珈琲

火鉢をつかっているお店

その他、火鉢の使い方のご質問をお受けしております。
火鉢をつかったお店をやりたいなどのご相談にものります。

 

火鉢に必要な道具

初めての火鉢

まったくの初心者は、これをみて必要な道具を覚えましょう。昔の人もみんなつかっていたので、かんたんです!

詳しくはこちら

火の起こし方

火起し器

ガスコンロで火をつける。ガスコンロで火が付かない時に使う五徳や、IHの場合については後ほどご案内いたします。

詳しくはこちら

火鉢の安全性

火鉢の安全性

以前のページヘのリンクです。安全性については改めてページ作り直しますが、一酸化炭素の危険性などについては記載してあります。

詳しくはこちら