火鉢屋の屋紋

秀仙ってだれ?

初代 南部鉄器 伝統工芸士

秀仙と書いて「しゅうせん」と読みます。

名前ではなくて「号」です。

号は職人さんにとっての「店名」です。
秀仙は名前を「砂子沢三郎」と言います。

南部鉄瓶・伝統工芸士の第一号

勲章授与者という珍しい職人。

鉄瓶の祖「小泉仁左衛門」第六代目から直接技を受け継ぎました。

その秀仙のつくった鉄瓶の代表作が「阿古陀」鉄瓶

阿古陀(あこだ)とはかぼちゃのこと。

1960年前後に作られた当時の阿古陀鉄瓶が1つだけ在庫ございます。

歴史を手にする唯一の機会

鋳掛け屋「綱取」

つまり秀仙の弟子が所有していた秘蔵鉄瓶です。

で、綱取ってだれ?

簡単に言うと秀仙の弟子の弟子です。

秀仙の工房をそのまま受け継ぎました。

修行の後「虎山工房」で鉄瓶を造っています。

そして現在は「鋳掛屋(いかけや)」を名乗る日本伝統工芸士の1人です。

1960年代作

 えびす阿古陀あこだ 鉄瓶

1960年代作

阿古陀瓜あこだうり 鉄瓶

釜ひとつあれば茶の湯はなるものを、数の道具を持つは愚かな

-千利休のことば「利休百首」より

 阿古陀の鉄瓶とは

阿古陀は「かぼちゃ」のコト。ウリ科のかぼちゃの形を模した作風全般を阿古陀形 とか 阿古陀○○ などと呼びます。

参考:阿古陀香炉(江戸期) 🔗

一方「阿古陀瓜(あこだうり)」という文字が初めて見られたのは平安時代の書物。つまり阿古陀瓜というものがあったようなのですが現在は幻とされています。かぼちゃなのか、ウリだったのか。

阿古陀=かぼちゃ。

阿古陀を模した道具は茶道具と香炉道具に多くみられますが鉄瓶では江戸期につくられた有名なものがあるくらいでしょうか。

武者小路実篤は野菜を、特にかぼちゃを好んで描いていました。その武者脳工事実篤と同時代に生きた鉄瓶職人が秀仙です。なにか影響を受けていたかもしれないです。

阿古陀香炉(江戸期)

阿古陀香炉の画像
武者小路実篤のかぼちゃ

南部鉄瓶の系譜

小泉仁左衛門のイラストのつもり

鉄瓶を初めて作った人

三代目 小泉仁左衛門

初めて鉄瓶を作った人。1750年頃。茶釜に取っ手をつけた。これが鉄瓶の原型。

盛岡市のホームページよりお借りしました。

八代目 小泉仁左衛門

1874年~1952年 この仁左衛門さんより前の六代仁左衛門の弟子が「砂子沢秀人」

第第受け継がれる鉄瓶の書 デザインネタ超帖

砂子沢秀人のつくった
鉄瓶秘伝の書
表紙だけみせてもらいました。

仁左衛門の弟子

砂子沢秀人

仁左衛門の直系の弟子。息子は「砂子沢三郎」後の秀仙

息子で後の秀仙さんです!

砂子沢三郎 秀仙

父で師匠の砂子沢秀人のもとで12歳から修行。1975年、伝統工芸士 第一号に。(南部鉄瓶が国の伝統工芸品に認定されたのがこの年だったから。)

秀仙の新品の鉄瓶はどこから?

弊店の今一番旬な職人「鋳掛屋(いかけや)綱取 伝統工芸士」が所有していました。と申しますか、工房を引き継いだ直系の弟子でした。

実は、秀仙の息子は秀峰を名乗ります。その秀峰の元に弟子入りして技を磨いたのが現在の鋳掛屋(いかけや)綱取さんです。現代の日本伝統工芸士の一人です。

2021年に入り、いよいよ秀仙の工房を再稼働させました。その工房に50年以上当時のまま保管されていた鉄瓶があります。 そのうちの1つで最後の1つがこちらの鉄瓶。

阿古陀瓜|えびす阿古陀の2つ

最初は1つずつしかないと聞いていましたが本体と弦が取り付けていないままの阿古陀鉄瓶が3〜5個ありました。そしてとうとう今回これが本当に最後の1つに。

あとはもう出てまいりません。

※ 秀仙〜綱取までの系譜は下記の図を御覧ください。

鉄瓶の系譜 綱取りさんまで
秀仙さん含む職人さんのヒストリーは上のイラストで

【綱取さんまでの流れ】小泉仁左衛門の技が砂子沢一家に受け継がれ、最後の砂子沢の元で修行。伝統工芸士となりました。本物の砂鉄が得意。

秀仙の鉄瓶 50年前の新品
お客様の声バナー
秀仙のえびす阿古陀鉄瓶

一目見てこの鉄瓶に魅せられました。

ちょうど先週NHKのイッピンの再放送があり、鉄瓶への気持ちが高まっていたところでもありました。燭台も何点か持っておりますが鉄の温かさに惹かれます。

これに合う鉄瓶敷きも探したいと思っております。

ふくよかな形と柔らかなくびれに一目ぼれしました。本当に美しい形の鉄瓶です。肌合いにも新しいものには無い、柔らかな温かみを感じます。しばらく飾って眺めていようと思ってましたが、一応、今お湯を沸かしてみました。しゅんしゅんと良い音です。注ぎ口からのお湯も良い感じで落ちてゆきます。。永く大切に育てていこうと思います。

※ 完成品として保管されていた3つのうちの1つを兵庫県のお客様がお買い求めいただきました。その際メールにてお伝えくださったご感想でございます。

お客様の声バナー
秀仙のえびす阿古陀鉄瓶

50年前のすごい技術!感動モノです。
肉あつに作れば簡単だと思うけど、さすが職人気質!
大変満足しています♪
前に買った鉄瓶のフタを作ってくれませんか?
獅子の取っ手で

以前ご購入の鉄瓶のフタのツマミをえびす阿古陀鉄瓶と同じ獅子で作って欲しいというご依頼でした。お作りしてお渡ししました。》

こちらがお客様からいただいた鉄瓶のお写真です。物凄いテーブルですが前の代からあるので詳細不明とのことでした。このテーブルに目が奪われます。

エビス阿古陀鉄瓶は本体部分だけ残っていたものが1つくらいはありましたので、鉉(取っ手)と獅子のフタをお作りすればお渡し出来ます。もしご希望ございましたら1つだけお譲りすることは可能です。

こちらがお客様からいただいた鉄瓶のお写真です。物凄いテーブルですが前の代からあるので詳細不明とのことでした。このテーブルに目が奪われます。

エビス阿古陀鉄瓶は本体部分だけ残っていたものが1つくらいはありましたので、鉉(取っ手)と獅子のフタをお作りすればお渡し出来ます。もしご希望ございましたら1つだけお譲りすることは可能です。

秀仙のえびす阿古陀鉄瓶と虎山工房 棗アラレ鉄瓶
お客様の声バナー
1960年代につくられた鉄瓶 秀仙作 未使用の新品の画像 阿古陀瓜形

箱から取り出す際の南部鉄瓶のどっしりとした重みを感じて商品の到着を実感いたしました。 

机上にどっしり腰を据えた阿古陀形の鉄瓶を目の当たりにして、この優れた造形にしばらくは腕組みしながら魅入っておりました。 

鉄という硬質な素材を用いながらどこか柔らかみのある味わいに仕上げられている卓上の雄姿は、力強く、そして格調高く纏まっております。 

ただ湯を沸かすだけの道具がその分を超えずギリギリの線上で美の姿、技の美を誇り、輝いて見えます。 良い鉄瓶と縁がつながりました。

三浦様には感謝申し上げます。

余談ですが、この阿古陀形鉄瓶を真横から拝見いたしますと、鉉は大黒様の烏帽子、胴は大黒様の肩にあります福袋にやはり見えますので、我が家では「福袋秀仙」と呼んでおります。

番頭の三浦です。 大黒天様とのご感想ありがとうございます。もう一つの阿古陀鉄瓶がエビス阿古陀ですので恵比寿様と大黒天様のようです。非常に縁起の良いご感想いただきまして感謝です。

やはりこうしてお一方ずつご感想いただきますと、様々なお感じ方ありまして伺っていて大変興味深くまた楽しく感じます。

有難うございました。

大黒天

希少性・保証

【希少性】

1960年代に「南部鉄器 伝統工芸士一号となった秀仙」によって作られた阿古陀 鉄瓶2種類。 秀仙の息子であり弟子の秀峰に直接学んだ「鋳掛屋(いかけや)綱取」現在の伝統工芸士の綱取が師匠の師匠である秀仙の工房を引き継ぎました。その工房に残っていた当時の完成品3つ存在。残りの2つがこちらでございます。共に在庫は1つずつ。合計は2つになります。

【保証】

1.特に証明書のようなものはご用意しておりませんが、必要であればお時間いただければご用意します。(5,500円)

証明書の方をお付けします。

2.当ページはお店のあるかぎり残りますので証明の1つとなります。

3.1年以内の水漏れに関しては無償で修理いたします。

4.5年以内の水漏れの場合は通常の修理費用の50%にて修理いたします。(およそ5,000円〜1万円)

ただしHIヒーターの利用はのぞきます。IHヒーターによる水漏れと通常使用の水漏れは拝見しますとわかります。※✦使用上の注意✦当時の鉄と現在の鉄では成分が少し異なります。ゆえに昔の鉄瓶はIHヒーターは不可。Amazonさんで2,500円ほどで電熱線のヒーターか、小型のIHポータブルっを小〜中でお使いください。

かぼちゃイラスト

えびす阿古陀 鉄瓶 | 阿古陀瓜 鉄瓶

下記の商品ページにて他のお写真ご確認いただけます。

1つのみございます。

下記の商品ページにて他のお写真ご確認いただけます。

秀仙 1960年代作 阿古陀瓜 鉄瓶 2.0L

あこだうり てつびん

価格 240,000円(税込 / 税抜 ¥220,000-)

商品ページで 阿古陀ウリ鉄瓶の詳細を確認する

1つのみございます。

ご質問 お問い合わせ 購入前のご相談  鉄瓶についてのご感想も!

    火鉢道具店ロゴ キナリ
    火鉢と道具と鉄瓶のお店