お客様の声(道具) Vol.28 横綱君、くぬぎ炭

お客様の長火鉢

・炭   特級くぬぎ炭6kg・特級紀州備長炭 (静岡県 U様)

 

お客様の長火鉢 お客様の長火鉢

くぬぎ炭・備長炭さっそくありがとうございました。 おかげで“あたたかい正月”を楽しむことができました。
さて我が家で使っているのは,“江戸火鉢(写真)”です。 以前から囲炉裏や火鉢にあこがれていたところに,
たまたま入った近所の家具屋で,コレを見つけてヒトメボレです。 買っちゃいました。
…で,その店がサービスでつけてくれた備長炭を いそいそとハヤル気持ちで火を起こしました。
ガスコンロの火で真っ赤になった備長炭を 五徳の内側に,丁寧にならべて,鉄瓶をかけました。
・・・・・・・・じーーーーっと見ていましたが,どーも火が消えているようです。
あんなに赤かったのにぃ。 手をかざしても暖かくありません。
しかたなく,半分の備長炭をもう一度火を起こして,火鉢に戻し, 交代で残りの半分の備長炭も火を起こしました。

・・・・で,ソレを火鉢に戻そうとすると・・・ ビックリ。先の半分の備長炭には,もう火の気がありませんでした。
懸命の火起こしで,なんとかフツフツと湯が沸き始め,ようやくお茶が飲めるかと思い,
何気なく鉄瓶の取説に目を落としました。 ソコには, “初めて使う時は,「湯を沸かしては捨てる」を2,3回繰り返す”
とあるではありませんか。 ・・・・本当に途方にくれました。。。。ホントに。。。
そんなこんなで,一杯のお茶を飲むのには,果てしなく遠い道のりでした。
その後,“火鉢屋さん”のホームページを知り, 炭もイイモノをそろえ,火起こしの仕方も勉強させていただいたので
少しは慣れて,正月休みは友達に見せびらかしていました。
これからも少しずつイロイロそろえていきたいなぁと,思っています。

 

当時のコメント

HIBACHIYA

待望の火鉢をご購入されて喜び勇んで火起こしたご様子、手に取るようにわかります!
炭を熾して火を維持すること、鉄瓶を育てていくこと(湯垢がつくようになるまで)などなど
手間がかかることが多いですが、そこが楽しみであります。
のんびりと火鉢と向かい合って、静かな時間が過ごせますように。
是非、お友達に見せびらかせて、火鉢仲間が増えると良いですね。
またのご利用お待ちしております。

 

 

コメントを残す