皆様。

明けましておめでとうございます。

いよいよ最後の平成がスタートいたしました。

 

本日の元旦は今まで感じたことの無いほど、来たる大きな時代の変化の予兆を感じております。

 

昨年までの数年の間の激しい変化が、

まるで序章であったかのように思えるほどの大きな変化が、

これからやってくる! そのような妙な確信すら感じております。

 

社会の最小単位である個々人に、もれなく降り注ぐいわばチャンスである。

と、そのようにも感じる次第であります。

 

良くも悪くも、社会の片隅で生きる私にすら起きる出来事が、

実は社会という大きな単位へ少なからず影響を与えている。

その度合が益々今後強くなるような感じがしております。

 

それゆえに、目立たないところでの立ち居振る舞いや行動はもとより、思考そのものすら意識して最善に努めよう。そのように思います。

 

弊店が今年どの様になっていくのか、変化するのかしないのか判りません。

変化をしないとしても、それは変化をしないという選択の結果であるのだろうなと思いますので、特にお店やお仕事に対しての気負いは感じておりません。それは、今までのように、火鉢の文化を何としてでも存続させようという気負いも含めてでございます。

 

楽しめる限りは楽しんでいく。

あえてもし今年の抱負というものがあるとすると、これに尽きるかなと思います。

そしてこれをもって、平成三十一年元旦のブログとさせていただきます。

 

どうぞ皆々様方にとって、この一年が生涯記憶に残る素晴らしい年となりますことを祈念しております。

そしてどうぞ、今年もよろしくお願い致します。

 

2019年初日の出

平成31年元旦初日の出

 

 

 

 

 

コメントを残す