ガスコンロ用の底上げ五徳でガスコンロを守ったほうが良いかもしれない話。

こんにちは。

番頭の三浦です。

事務所のガスコンロの右がぼろぼろになりました。

6年は使いましたが、それでも炭🔥を起こしていたからなのは間違いありません。

さすがに汚れもひどいのですが片側のコンロの五徳だけが、とうとうここまでぶち壊れました。

ガスコンロを守るためにも、ガスコンロ用の五徳が必要かもしれません。

まずは

完膚無きまで破壊し尽くされたガスコンロ五徳(右)

をご覧ください。

ボロボロガスコンロの画像(左)

ボロボロガスコンロの画像(左)

汚くてすみません。土鍋で発芽させた玄米たいているので吹きこぼれでこんなに汚く・・・

ボロボロガスコンロの画像(右)

ボロボロの右

昨日とうとう4つ目の五徳の爪が折れました。右側が火おこし器のせる側。6年以上とはいえ炭を燃やす側だけここまで破壊されつくされました!

1つ目の五徳の爪が折れる前にすでに限界っぽい雰囲気でしたが、1つ目が折れたときに「行けるところまで行く」と少し興味が湧いてきました。

そして昨晩4つ目の五徳が折れました。

これでとうとうまっすぐ物を載せられなくなりました。

そして本日。
新しいガスコンロが到着しました。

これは偶然です。

 

新しいガスコンロで炭を燃やすには

ガスコンロがボロボロにナラないようにしたい

新しいガスコンロは、少しは炭を燃やすときの影響を軽減したいと思いました。

ちょっとこれは破壊されすぎです。

ボロボロのガスコンロの右側

 

こうならないように、ガスコンロの上にのせるシルバー五徳を使ってみます。

なおお値段は2,400円(税込)です。

 

安全装置付きのガスコンロ用の五徳
火おこし器で炭着火

連休中にガスコンロを新しいものに変えて、炭に着火🔥してみます。

ガスコンロ用の五徳が無いと恐らく安全装置が働いて火がつかないかもしれないです。安全装置をオフにできるガスコンロがあるのですがまだ未確認です。

 

なおこのガスコンロ用のシルバー五徳のご購入はこちらで可能です。

 

 

これで必要以上に錆びないといいな。

コメントを残す