お客様の火鉢 Vol.38 火鉢と鉄瓶

お客様の手あぶり火鉢とナツメ線引鉄瓶

・手あぶり火鉢第百二十一弾・棗線引鉄瓶他 (神奈川県 O様)

お客様の手あぶり火鉢とナツメ線引鉄瓶 お客様の手あぶり火鉢とナツメ線引鉄瓶 お客様の手あぶり火鉢とナツメ線引鉄瓶

 

 

いろいろ年末年始忙しく、大変遅ればせながら本日ようやく鉄瓶 デビューしました。
やはり火鉢の上に鉄瓶があるのとないのとでは 景色が相当違いますね。
棗線引鉄瓶とてもいいです。すごくいいです。
私の百二十一弾の火鉢にも大変しっくりとあっています。
五徳も虫食いを選んでよかったです。
火鉢が部屋の真ん中にあるのは何か風情漂う粋な景色です。
写真の方早速とりましたので送ります。

一つお聴きしたいのですがくぬぎ炭5,6本たてにして燃やして いると
2-4度ぐらいバキッとずいぶん大きな音がしました。
どうもケヤキの炉ぶちが熱で音を立てているらしいのですが、
一辺の部分がちょっとゆがんで真ん中が炉の中の方に
出るような感じで反ってすき間があいてしまいました。
うまく写せなかったのですが写真も送ります。
まだ、すき間といってもすき間自体は気にしなければ気にならない 程度ですが
注意しないと炉ぶちにひびが入ったり割れたりする でしょうか?
ちょっと心配になったので教えてください。 ではまた 失礼いたします。

 

HIBACHIYA

O様は当事務所へもご来店いただきお顔を存じ上げているお客様のお一人です。
おそらく当店のお客様の中ではベスト5に入る若さではないでしょうか!
落ち着いた雰囲気にお似合いの火鉢と鉄瓶をお選びいただきました。

火鉢の上に鉄瓶がかかっていますと景色はぐっと締まりますし、
鉄瓶にとっても炭火との相性が一番よろしいです。
遠赤外線により表面の漆がはげることもなく、優しい扱いとなります。

炉淵がばきっと・・・、さぞかし驚かれたことと思いますが、
急激な高熱により膨張したのだと思います。膨張と乾燥を繰り替えしていますので
心配は無用だと思いますが、万が一激しく隙間が開いた場合がご連絡下さい。

当店でも炭を一度にたくさん投入して炉淵を焦がしたことはありますが、
割れたり変形したことはありません。
どうぞご安心下さい。

 

コメントを残す