お客様のお道具 Vol.3 くぬぎ炭・灰

お客様のお道具 くぬぎ炭と灰

 灰   くぬぎ灰 (埼玉県 F様)

お客様のお道具 くぬぎ炭と灰

灰は固まらずなかなかいいようです。

我が家の火鉢の写真を同封します。
昔の炭火が懐かしく、テーブルの続きに火鉢を作成しました。日曜大工でテーブルにあわせ、真ん中に炉を入れて御影石を組み入れて写真のごとくを自作しました。
柔らかい雰囲気と、網をおいて肉や魚を焼くとなんともいえぬ楽しい雰囲気です。昔への郷愁ではありませんが、やはり部屋の中に“火”があると、なんとなく心が和みます。
[火鉢のある生活を]を広めていただくと、日本人の生活に心の豊かさが増すものと思います。
内の奥方も大変気に入って、毎日楽しく炭をくべています。

HIBACHIYA

日本人には新しいものを取り入れてゆくのが得意な、そんな国民性もあるように思いますが、根本に眠るものは今でも代わらないと思っております。

ご指摘ございましたとおり、火鉢のある生活をもっと広め、残してゆくことに遂力させていただこうかと思います。

まったく火鉢を見たことの無い若い方でも、火鉢を見て反応しないことは皆無でございます。
きっと新しい形でかもしれませんが、今後も残ってゆく文化だと思っております。

 

コメントを残す