先日、「男はつらいよ」を頻繁に見ていることをブログに書きました。

そのときまで、「男はつらいよみているのは、イマドキ珍しいんだろうな。」と思っていました。

内心は、「こんな古い映画見ている場合じゃないよ。」っていう感じです。

 

でも翌日、毎日新聞の記事が目に止まりました。

男はつらいよ「寅さん、終わらない」若い世代に人気

 

なんと。寅さんは今も人気なんだそうです。

イマドキ寅さんをみているのは、古い世代が懐かしがって見ているだけに違いない。

そう思っていたものだからびっくり。

 

たまたま昨日、20代に会ったので聞いてみたら、周りでも寅さん見ているヒト多いと言っていました。

みんなAmazonのプライムだから、それで見ているみたい。

とのこと。

全く同じですね。

Amazon、すごいな。

日本文化に貢献だ。

 

寅さんミュージアムもあるようです。

なんもしらなかったな自分。

 

むかし父親に、「寅さんをみていると、まるでお前みたいだな。」と言われたことが。

今も頭に残っています。

父親本人はそれほど「男はつらいよ」に思い入れはなかったようです。

むしろ「だめなやつだな」な感じで見ていたのだと思います。

だから「まるでお前は寅だな。しょーがねーな。」って意味で言ったんだと思います。

 

確かに似たような生き方をしてきたなと思いますが、いまだ柴又に行ったことがないのが逆にダメに感じてきました。

 

明日行ってきます!

とはなりませんが、いやこれはASAPで行かねばって、少し焦ってます。

そういえば今日はまだ見てないな!

 

寅さん記念館

コメントを残す