こんにちは。

暖かくなったり、肌寒くなったり、風が吹いたり、お天気も忙しそうです。
皆さんお体お大事になさってください。

先日、母が入院いたしまして病院へ行っておりました。
椎間板ヘルニアだそうです。

お医者さんが色々詳しく説明してくださいました。

もう退院してくださいという事と、治ると自分で信じてくださいみたいな意味合いでした。
その行間から感じ取れたのは、病は気から。

以前どこかで聞いたことがありますが、腰痛の無い人の中にも一定数、椎間板ヘルニアや骨が曲がっている人がいるそうです。

 

その母は、西郷輝彦が大好きだったそうです。コンサート行きまくるほど。
私がお腹の中にいる時もあしげく通い、私が西郷輝彦を好きになるようにかなり努力したそうです。

そういう努力は惜しまない性質なのでしょう。

その結果どうなったか。

お腹の中にいるときから西郷輝彦を聞かされた私は、日本の楽曲にまったく反応を示さなくなりました。だから生まれて初めて購入した日本のアーティストのCDが、なんとPerfumeという。

年齢を考慮すると珍しいことです。

 

父はレコードが擦り切れるほどクラシックの好きな人でした。

やはり私にクラシックを好きにさせよう、今でも覚えていますが実によく聞かされました。

その結果どうなったか。

一切のクラシック音楽に反応しなくなりました。

 

バッハにも、西郷輝彦にも罪はないのに。。。

 

思い込みも程々にしないとけませんが、

こと体や体調に関しては、

自分は絶好調!

痛くない!

どんどん若返っている!

みたいな感じの思い込みが必要なのかもしれません。

 

なんでもバランスが大事なんだと、

ソレを教えてくれたのは、言ってみれば西郷輝彦さんです。

 

火鉢の専門店、火鉢だけのお店を始めてしまったので、

火鉢以外を売りにくくなりました。

やはりバランスが大事です。

 

次にお店をやる時は、西郷輝彦を念頭に始めます。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

コメントを残す