鉄瓶の修理とGoogle先生

鉄瓶の修理

こんにちは。

皆さんもGoogle先生にはお世話になっていることと思います。

ネットでお店をやっている私は、もっとお世話になっています。

だから感謝しかないのです。

 

ネットの神様みたいなGoogle先生。

凡人の私には神様が何を考えているのかはわからず。

 

「鉄瓶 修理」で検索しますと、最も古いページが出てきます。

鉄瓶の修理

 

当時はこれでも、まあまあよく出来たなと思っていたのですが、
その頃は鉄瓶もたくさん販売していました。

そもそも鉄瓶を大々的に伴場しているお店が
ネット上には2店舗しかありませんでした。

Amazonでもまだ鉄瓶などはまったくありませんでしたし、
鉄瓶工房が自社で販売知ることもなかった、そんな時代でした。

鉄瓶の画像などもありませんが、当時は文字だけのほうが良いと言われていた時代でした。
(ネットの回線も非常の遅かったので)

その後作り直したのはこちらです。

Google先生で「鉄瓶 修理」と検索する二番目に出てくるのがこちらです。

鉄瓶の修理

 

画像ありますが、右の画像がのびのびになっています。

以前はちゃんと表示されていたのですが、なんででしょう。。。

現在はこちらのページからご連絡くださる方がほとんどなので、
住所表示主必要ですし、そもそも当店のページへのリンクが
めちゃくちゃ分かりにくいです。

ホーム をクリックすると「火鉢の道具店」のページへたどり着けるのですが、
先日自分でもわからず、あちこちクリックしてしまいました。

これが2010年とか2011年頃に作り直したんだったか。

あまり覚えていませんが、スマホ対応にスべく作り直しました。

 

ホームページの作り方も、時代時代で変化しますが、
Google先生はそこのところはあまり意識していないみたいです。

一番上に表示されるページは、スマホ対応していませんし。

写真もありません。

一番昔からある。

という理由だけでトップに表示されているわけでもないのでしょうが、
他所は影響あるとおもいます。

また他に鉄瓶修理に関する、もっとうまくまとまった最新のページが
新しく出てこない、というのも理由の1つかもしれまえん。

 

いずれにしても、昔の古いページでは、
人間が目にした時に

・いまいち怪しいといういか、
・信用できない感じがするなとか、

色々ネガティブな印象を受けがちです。

時間を作って修正しないとですね。

それが手間だったら、ページごと消せば良いのですが、

せっかく表示されているものを消すというのも

なんかもったいない気がしてできません。

間接的に色々なジレンマも感じさせてくれるGoogle先生。

有難うございます。

 

鉄瓶の修理は早い時期で1ヶ月未満。

今はちょっと立て込んでいて2ヶ月。

そんな感じで出来上がってまいります。

ご予算は3万円台〜5万円まで。

 

されに取っ手だけ鍛冶屋の田中さんのものに変更も可能です。

この場合は2万円に消費税。

よろしくお願いします。

今回もお読み頂きありがとうございました。

 

コメントを残す