こんにちは。

火鉢の道具店のミウラです。

ひ・ば・ち がお仕事ですが、

暑くなるとお仕事ほとんど無くなります。

1年中火鉢のことを書くこともできますが、

それって一年中、おせち料理のことについて知りたいですか?

っていうのと同じだと思いますもので。

 

もしくは愛してやまない大好物のチャーハン。

いくらチャーハンが好きでも、

365日チャーハンの話題は、正直いじめでしかありません。

というわけで(前置きが長いですね)、他の話題にします。

 

でもどこかしら、火鉢に関連しているんです。

これでも。

というわけで、今回は「人手不足」が話題です。

 

突然ナゼ人手不足かというと、

トップページのお知らせにも書いたとおり、

来シーズンは、火鉢・囲炉裏用の炭が3割しか用意できないと連絡が入ったからです。

7割減です。

 

ちなみに、東京の渋滞。

お盆になるとガラガラにになります。

半分しか走っていないんじゃないか?

って思うほど、がらがらになりますが、

交通の専門家に言わせると、20%減。

つまり2割減っただけで、あれだけ道路がガラガラになるのだそうです。

 

 

2割はでかい!

 

それが7割です。

もはや、足りないどころではありません。

 

311の震災前は、福島でバンバン焼いていました。

でも原発の事故が原因で、70年使った50個も炭竃のある山を、
使ってはダメだと省庁からお達しがありました。

その後、四国に職人さんが移住して焼きはしましたが、

従来の50%の生産量になるまでにまる3年かかりました。

 

それでやっと従来の8割くらいになるかなと思われた矢先の出来事です。

 

だから、ピークの頃に比べたら3割どころか2割とか、そこまで減るようなものです。

 

そして足りないのは炭焼き職人さんではなくて(もともと炭焼き職人さんも足りないですが)、

木を切る人!

そう

木こりさんです。

木こりがいないのです。

 

竹虎という竹専門のお店があります。

楽天でも有名な老舗です。

でもここも。

竹を山の中から切って運ぶ職人さんが残り少ないそうです。

しかも若手で60歳以上。

 

くぬぎも、似たようなものです。

毎年木こりさんは減っていっていたのですが、

昨年〜今年にかけてまたガクッと減ったそうです。

 

もう山奥へ入って、木を切って、運んでくれるヒトがいません。

炭焼き職人も足りなかったのですが、

木こりがもっと足りなくなったので、

ボトルネックが移動しました。

 

木こりです。

 

 

人手不足は飲食店もしかりだそうです。

どこの業界でも。

 

知り合いが「下北沢」という東京にある街ででカフェをはじめました。

いつも新しいバイトさんが居る気がしたので

聞いてみました。

 

そこのカフェ、ホームページもありません。

Facebokもやっていません。

でもバイトさんがくるのです。

 

聞けば、インスタグラムで何度か募集をかけただけだそうです。

インスタでバイト募集してくるの????

って思いましたが、来るんだそうです。

本人も驚いていました。

 

 

インスタで、木こり募集しても、絶対来ないよ。

 

しかも飲食店ならめちゃくちゃ欲しがる、20前後の若い女の子。

このあたりが普通に応募してくるそうです。

あっというまにバイトさん5人。

しかも何人か断っているそうです。

 

すごい。。。。。

 

四国の山奥の木こりのほうが、

ずっと重要な気がするのですが、

じゃあ、おまえが行って切ってこいよ。

って、自分で自分に言うんですが、

やっぱりちょっと。。。

 

ごめんなさい。

 

なので、木こりさんが少ないこと、自分の責任でも有るかのように感じています。

 

インスタで木こり募集かけてはいません。

 

 

あーだこーだ、ブログで書いたところで、木こりが見つかるわけでもなし。

 

そんなわけで来シーズンに向けて

今からがんばって炭焼きなのですが、

木材が無いという事態に陥っています。

 

火鉢文化、風前灯火といったところなんでしょうか。

 

私のしごとがぁぁぁぁ〜〜〜!!

 

森

コメントを残す