火鉢、炭のよくある質問「炭編」

初めて火鉢で炭を燃やすにあたってご質問をいただきました

炭について

質問1・一度に何本ほど使用するのが適量でしょうか

最低3本ないとなかなか火が起きてきません。4本あるとかなり楽に火が大きくなります。
最初は皆さん、火が途中で消えてしまうと思います。シーズン最初の火付けは私も今でも失敗します。
再度火おこし器で火を着けて、燃えている部分どうしを向かい合わせておきます。実は灰をかぶせておけば灰の下でもえていくのですが
結構時間かかるので炭動詞を1cm以内に近づけて燃えている部分をより大きくしていきます。

質問2・火消しの際、炭はどれぐらいの深さ灰に潜らせた方が安全でしょうか

1cmくらい、少し灰をほってそこに炭を置いて、その上から灰をかぶせてあげれば平気です。
あまり深くなくて良いです。灰がうっすらでも炭にのっていれば熱くありませんし、ティッシュをその上にのせても燃えないくらいです。

質問3・炭の保管方法についてですが、何か注意する事はありますでしょうか

くぬぎ炭、ナラ炭はお水にずっとつけておいても乾かせば燃やせます。
なので湿気すら木にしないで良いです。
備長炭はジプロックに入れて湿気シャットアウトが必要です。
なおもしパチパチ、クヌギ炭のはねるのが気になる場合は、水道水で普通に洗って粉を落としていただくとよいです。
炭がまだ全然濡れていても、火は着いていきます。

質問4・他に注意した方がよいことがありましたら教えて頂きたいです

まずは挑戦されてみてください。
換気は天井から一酸化炭素がたまりますので、座っていると何も感じないけど、立つとなんか炭の一酸化炭素があるのがわかります。
あまり溜めるとドキドキしてきたり、場合によっては頭痛もしますが換気さえしていれば平気です。
敏感なガス検知器があると結構頻繁になります。私は検知器のコンセントを抜いたりもます。