・欅の手あぶり火鉢・火箸筋目・灰ならし(小)・くぬぎ灰  (千葉県 N様)

11月1日にそちらに伺って手あぶり火鉢第59弾を買わせていただきました。
火鉢は玄関に置きました。
うちは狭い家なのですが、玄関部分には余裕があったので
手作りで和風インテリアにしたのですが、
そこに火鉢があったらもっと素敵だろうと思っていたのです。
サイトで詳しいお写真が出るのが待ちきれなくて火鉢屋さんへ伺ったのですが、
いろいろお話を聞くことができてとても良かったです。
その火鉢ですが、買ってすぐに寒い日が続いたので、ちょくちょく火を入れて暖まっておりました。
ようやく写真が撮れましたので、ご覧頂けたらと存じます。

 

当時のコメント

HIBACHIYA 

 当店の『きの手帖 絵日記』にてお世話になっている なかじま様のお宅のご様子です。
さすが表具屋を営んでいらっしゃるご主人様の渋い目で選ばれた火鉢とお道具たち、
素敵にお使いになられているのを拝見して嬉しくなりました。
ガラスのフタ?と思ったのはアクリル板とのこと、軽くて扱い易いですね。
火箸がささる穴もお見事です。
最近は洋風のお部屋で火鉢をお使いになられる方が多いですが、
バックの掛け軸とともに味わいのある和の空間に癒されそうです。

今後のお使いの様子は きの手帖 にて随時更新中です!

 

現在のコメント

長年営業していますと色々ありまして。その1つが、データが飛んでしまうこと。一度は経験あるのではないかと思います。そんなわけで、「きの手帳」なる素晴らしいネーミングの絵日記コンテンツは、今やすっかりなくなってしまいました。イラストレータさんにも毎回数万円お支払していたのですが、そのデータすらなくなってしまいました。デジタルデータは儚い! こうして人は、矯正断捨離に強くなるわけですね。 あっはっは  表具屋さんのご主人。今もお元気で、ちょくちょく銀座で個展をされています。才能ある方だったのですね。応援しています!  そういう皆さんも、確実に何か才能お持ちなわけです。みんなで頑張りたいですね! ありがとうございました。

 

コメントを残す