・桐の火鉢のセット、くぬぎ炭3kg (東京都 S様)

おかげさまで火鉢ライフ、満喫しております。
燗をつけたり、湯豆腐したり、お餅を焼いたり、
タタミイワシを炙ったり、トーストを焼いてみたり。
とにかく炭火がちろちろしていると、日がな一日
火鉢から離れられません。
鉄瓶にも憧れますが、今のところ柳宗理のやかんです。

ベランダの向こうに見えているのは神田川の桜です。
今年は火鉢を窓際に置いてお花見。至福です。

 

桐の火鉢

桐の火鉢 桐の火鉢

 

当時のコメント(2009年)

HIBACHIYA

火鉢の向こうに満開の桜とはなんとも羨ましいお住まいです!
炭が熾きているとお鍋をかけたり、なにかあぶりたくなるのが心情。
楽しまれて居る様子が手に取るようにわかります!
火鉢と鉄瓶は相性がよいですが、ステンレスでもホーローでもOKな懐の深さが
桐の火鉢にはありますので、色々とお楽しみ下さい。

 

現在

こちらは2009年にいただいたお写真です。
私が子供の頃育った地域にお住まいのご様子で、窓の外の桜がはもしかしてという感じです。

デザインの会社を経営されているお客様で、お部屋の中の様子がさすがだなと思いました。

ケトルは柳宗理のケトルですね。私も欲しいと思いました。

せっかく現代らしいコメントをと思ったのに、なんか普通の感想になってしまいました。(苦笑)

コメントを残す