自在鉤

鉄瓶の取っ手、弦(つる)を作る鍛冶屋さんがつくりました。

自在鉤の画像
NYの某レストランで使われる自在鉤

自在鉤を作っているのは鍛冶屋の田中さん

鉄瓶の弦(取っ手)を作っている、日本で唯一人の職人さんです。取っ手の中を空洞にして造るので、厚い鉄瓶も素手で持つことが出来ます。江戸時代からの鉄瓶の技術の1つです。

火鉢の道具も造ります

鍛冶屋の田中さんは、お茶道具を造ります。ということは、火鉢道具でもあります。火箸(ひばし)、灰ならしも、中が空洞です。千利休さんの設計にしたものを全て作ることが出来ます。(参考:火箸

そして自在鉤

オール南部鉄器の、自在鉤をお造りします。
既成品は2種類

丸と、角。あとは半分の長さのハーフ(二尺五寸)もございます。

火鉢屋のオリジナル自在鉤 3種類

丸 | 四角 | ハーフサイズ

オリジナル自在鉤 丸

丸い支柱のスタンダードタイプ。
シンプルで安定感のある作りです。

重さ:1,23kg
長さ:105cm
最大長170cm

56,800円(税込・送料込)

オリジナル自在鉤 角

細めの角材でモダンなタイプ。
鉤の部分のデザインが凝っています。

重さ:0.67kg
長さ:112cm
最大長;180cm

48,000円(税込・送料込)

自在鉤ハーフサイズ

半分のサイズの自在鉤
丸・四角・長さ自由

丸;44,800円
角:39,800円

実はすでに、ニューヨークの和食レストランで、照明器具として七本使用されています。

すべての始まりは

5年前にさかのぼります。

NYにいる日系人のおじいちゃんが7本買ってくださいました。

何に使うかはなかなか教えてくださらなかったのですが、あとになって送られてきたのがこのたった1枚の写真でした。

自在鉤は、NYにある和食レストランで照明としてつかわれているそうです。そしてそのおじいちゃんいわく「これはアメリカ人好きだし、売れるよ。」とのことでした。ただ、どこのお店で使われているのかなどは、全く教えてもらえませんでした。

でもこれがきっかけで、鍛冶屋さんのお仕事を世界に伝えていこうと思いました。今その準備をしています。

最近になって、有名飲食店のリリースにともない、鍛冶屋の田中さんの作品へのご依頼をいただきました。いまだかつて見たこともない照明が出来上がりそうです。

これが日本の職人さんの、そして日本文化を未来に伝えていくきっかけにしてまいりたいと思います。

ニューヨークのレストランで、照明をつるすツールとして使われています。ちょうど7本の自在鉤が見えます。今後はこうした用途をもっと推奨してまいりたいと思います。

【保存版】自在鉤とは?

自在鉤の動作

自在鉤は、テコの原理で動きます。支柱が下に下がっても、小猿(こざる)と呼ばれる支柱の通っている板で、止まります。

相当がっちりとまります。動作の様子をものすごいカンタンに図にしてみました。左の動画です。

小猿を戻したところは用意しませんでしたが、支柱が好みの一までさがったら小猿を下に下げて止めます。

戦国時代とかの家庭の囲炉裏

WIkipediaからの写真です。相当古い時代の囲炉裏と、自在鉤です。相当むかしに販売したことがありましたが、ぶっといロープに丸くてぶっとい木だけの自在鉤など色々なタイプがありました。

大五郎の自在鉤

自在鉤とは

■自在鉤は民家などの囲炉裏に、お鍋や、鉄瓶、お釜を吊るすために用いられます。安土桃山時代には囲炉裏も自在鉤もありました。もっと昔から、自在鉤っぽいものはあったのかもしれませんね。

囲炉裏にインスパイアされた千利休

余談ですがお茶室の炉は、千利休さんが民家の囲炉裏からアイディアを得て考え出したと言われています。

火鉢はさらにその後に、持ち運びできる暖房器具として、また個室文化がはじまる江戸後期から普及し始めます。

いかにもな自在鉤

自在鉤というと、魚がまっさきに思い浮かぶかもしれません。ただ時代的にはこちらのほうが後になります。まず最初に、鉄だけの自在鉤、さらにそれよりむかしは縄と木だけの自在鉤がありました。

いかにもな自在鉤を今も作っているお店 大五郎

宮大工の大五郎さんが、今もその自在鉤を造っています。この竹を自在鉤用に加工するだけでどれだけ大変か。これだけのための職人さんがいなくなってしまったために、かの岩鋳も自在鉤が商品から消えました。 宮大工の大五郎さんのホームページ

最も代表的な自在鉤

自在鉤と言うとまっさきに思い浮かぶのが、竹の筒に、魚がついた自在鉤ではないでしょうか。

その竹の筒を持った自在鉤を参考にご説明します。

竹の自在鉤は、竹を主幹にして、上にに掛緒(かけお)という、引っ掛けるところがつきます。

下端に小猿という、テコの原理で中心ノ棒、つまり支柱を止める板状のものがあります。

その支柱にはおナベなどをひっかけるたもえの鉤(かぎ)がつけてあります。

自在鉤
自在鉤は天井からは紐で吊り下げられます。高さはそのヒモで調整します。筒である竹はカットして寸法を合わせていました。長さはおおよそ 四尺七、八寸(約155〜158cm) が一般的です。

竹は五節か七節で、節にゆがみの無い太く立派なものもがベストとされています。

小猿の部分が魚、しかもタイであるものが多く見られますが、火の神へのお供えの意味があるようです。また火の上にタイがあるのが縁起物という話を昔の方に伺いましたが、タイは元々縁起物なので、当然といえば当然かもしれません。

縁起物ということでこの鯛(たい)が、七福神の乗った宝船のものも見たことがありますが、これは現代になって造られたものです。

火鉢屋で販売している自在鉤

火鉢屋で販売している自在鉤は新しい自在鉤です。
過去には骨董の自在鉤も扱っていましたが、流石に骨董の自在鉤は骨董の火鉢以上に見つからず、継続販売が難しいのが実情です。

ゆえに現在は 盛岡の鍛冶屋さんに作っていただいた、オリジナル・デザインの自在鉤を2種類だけ、販売していました。 デザインの細かいところは鍛冶屋さんの好みでたまに微妙に変えられています。後で報告を受けるので、言われないとわからないことも多いです。

鉄の自在鉤 丸 四角

の二種類です。そして今年(平成30年)の7月から半分サイズの自在鉤も販売開始いたします。ちょうど先日サンプルが届いたばかりです。