釜環火箸(かまかんひばし)

¥48,000

釜環(かまかん)とは、茶釜の取っ手のこと。茶釜の両脇に、穴が空いています。その穴に、のの字の輪っかを入れて、取っ手とします。 小さくて細い、環(わ)です。この環を鍛冶屋の田中さんは中を空洞の環にすることができます。鍛冶屋の田中さんの一番すごいところがこれ。でっかい鉄の作品をつくる作家さんもいれば、ミニマムな作品を作る職人さんもいます。田中さんはこの固い鉄を自由自在にミニマムクラスで作ることができ職人さんです。

火箸に、小さな釜環(かまかん)をつけました。中は空洞ではないです。ご覧のようにねじりを加えてあります。環っかがつくと重々しくなるもの。それを上品に軽やかに表現してあります。これも鍛冶仕事の最高峰の作品の1つといえます。 たまに在庫していますが、基本的にご注文いただいてから10日ほどでお作ります。