真鍮流し 灰ならし

※ 鍛冶屋の田中さんが2020年9月を持って完全引退となりました。こちらの灰ならしは鈴木主全堂と田中さんの合作。真鍮を流すのが田中さんです。今ある枚数のみになります。鍛冶屋さんの引退に伴いこちらの灰ならしも在庫なくなり次第廃盤となります。職人さん、今まで有難うございました。

盛岡の鈴木主善堂という南部鉄器の工房の、大きめの灰ならしです。真鍮を流してありますが、これは鍛冶屋の田中さんが作業します。鍛冶屋の田中さんとは、この世の全ての鉄瓶の、中が中空の取っ手をつくっている鍛冶屋さんです。この灰均しは、ギザギザ部分を専門に作る職人さんと、鋳物をつくる職人さん。そしてこの真鍮を流す鍛冶屋さんと、合計3人もの職人さんが、各々の技を持ち寄って造った作品です。多少大きめなので、25cm以下の火鉢には大きすぎます。逆に囲炉裏や、長火鉢には、この灰ならしのサイズがぴったりです。

サイズ:22.5cm 幅8cm

¥6,400

ご売約済み