くぬぎ炭のダイヤモンド「丸ぎっちょ」3kg箱

くぬぎ炭のダイヤモンドが10年ぶりに復活!

くぬぎ炭の最高ランク。

茶道用の炭は窯の真ん中で焼かれた炭。

さらに地面につかない中間の部分。

これを長さと太さを揃えたもの。

なおかつ皮がしっかりついているもの。

これが「くぬぎ炭のダイヤモンド」

香り最も品よく漂う見事な「くぬぎ炭」です。

※来年から価格が戻ってしまいます。くぬぎの原木入手コストによるものです。こちらの価格でご用意できるのは1〜3箱になります。また年内に追加でつくれる箱があるか現在確認中です。

くぬぎ炭のダイヤモンドのスペック

丸ぎっちょ 長さ 2寸(6.1cm)

3kg箱

72本〜76本

本来、火鉢用としては販売不可能な「くぬぎ炭」。

なんとコロナで全国のお茶の先生が茶道茶会を中止いたしました。自主的です。

ですが、茶道用のくぬぎ炭は、2020年の2月から殆ど消費されなくなりました。

 

過去に数箱だけ販売しておりましたが、「くぬぎ炭」のダイヤモンの再販はじつに10年ぶりになります!

販売再開を祝って(祝っているのは自分だけですが)

最初の5箱だけは8,880円にて。

 

くぬぎ炭を今まで使っていらっしゃればなおさら、丸ぎっちょの見事さがジワって来るかと存じます。

囲炉裏には不向き

ただし囲炉裏には不向きでございます。囲炉裏はやはり徳用15kg 一択です。ぶっといものを長く燃やす囲炉裏と、静かに手元でもえるくぬぎ炭に癒やされる火鉢と。

趣の種類が異なります。

 

最終的に買う価値あるのかどうか

個人的な意見。主観ですが、

火鉢用ではもったいないかなぁ。

やっぱり茶道用の炭ですから。
茶道用の炭はどうしたって綺麗じゃなきゃいけないのです。

しかも最高水準で。
表面の皮が少し剥がれもだめなんです。
そのための価格です。

ほぼほぼ同じクォリティのクヌギ炭が特級の5kgクヌギ炭。

こちらは火鉢用で一度は使いたい炭です。

丸ぎっちょ炭を全然オススメしていませんが、間違いなく丸ぎっちょは完全なクヌギ炭であり、大事なお茶会の場でつかわれるべきクヌギ炭です。何事も経験、何事も修行、という意味では一度はご利用いただくと「茶道炭とはなんであるか」がわかります。これ以上は存在しないので。