こんにちは。

火鉢屋の三浦でございます。

やっと、長火鉢第四十六弾 黒檀の長火鉢のページができあがりました。

こうした大物は、感覚的に「何かが憑依しないと」思い切り書けないのです。

それは、スキマ時間にちょろちょろやって。

というものでもなく。

 

具体的に言うと、最低でも5時間ほど、この1つの火鉢のことばかり考えていたくなります。

そして、なんというか、この火鉢が、「これをかいてくれ」みたいな感じで、わーっと湧き上がった文章を書きます。

 

最初、強引に書いた文章は、あとで読むと気持ち悪くて変です。

無理やり良い火鉢だと言おうとしている感じとがします。下手したら、「売ろう売ろう」としている文章に、自分で読んで感じたりします。

強引に急いで書いた文章は、まず間違いなくそんな感じ。

 

 

だから、持ち主の方には待たせて申し訳ないのですが、その時自分で思い切り心がノッた時。その時が来るまで、こうした大物の長火鉢のページは書けない。

のでした。

 

今日は、9時からほぼ19時まで、10時間かけて書きました。

途中、気晴らしに事務作業をしたりしつつ。

 

 

わたしが書いたというよりも、この火鉢に書かされた。

 

良いか悪いかわかりませんが、長火鉢第四十六弾のページ、ご覧いただけましたら嬉しいです。

 

本日もお読み頂き有難うございました。

 

番頭 三浦

黒檀の長火鉢

コメントを残す