ヒノキの火鉢、簡単にご説明

こんにちは!
火鉢の道具店 番頭のミウラノブヒとでございます。

こちらの檜の火鉢、

埼玉の職人さんが造りました。
職人さんの提案で実現。まさかヒノキを火鉢に使えるとは私も存じ上げませんでした。

西川檜 とはいいますが、江戸時代に西から川を伝ってやってくる木材という意味で、西川○○と呼ばれていました。

檜の生育地としては武蔵国では一番で、それゆえ「西川檜」は、400年間其のブランドを確立していたそうです。

というわけで、そのヒノキを使った火鉢。

そんな檜の火鉢を動画に撮ってみました。よろしくおねがいします。

檜の火鉢ページへ

コメントを残す