屋久杉の手あぶり火鉢

屋久杉の火鉢

屋久杉:屋久島の標高500m以上に自生する杉の木で、樹齢1000年以上の杉の木を屋久杉。1000年未満を小杉(こすぎ)と呼ぶ。

wikipediaより

 

杉の木の樹齢は500年が最大値だそうです。

それが屋久島の杉に関しては2000年を超えるものが多いそうです。

そういえばかなり以前に、西荻窪のオフィスに来てくださったお客様の中に、屋久島で民宿を10年経営していた。というご夫婦がいらしたことがあります。

屋久島。

行ってみたいです。

 

お店を初めて過去14年半。

登場させた火鉢は300台以上。

手にした火鉢だけでしたらこの3倍以上ですが、この300台の火鉢の中に屋久杉はたしか3〜5程度だったと思います。

全て杢目で判断していましたが、こちらは昭和の初期。戦前の指物師の方の証明シールみたいなものが残っています。

黒柿の縁もあります。

 

非常に綺麗な状態で、対でございます。

ございますとはいっても、八王子にあるわけでございません。

大田区の久が原というところにございます。(笑)

 

こちらに増田屋という炭屋さんがありまして、そちらにギャラリーがございます。

長火鉢がズラーっと並んでいます。

ちなみにもし、「火鉢屋で見ました。」とおっしゃっていただければ、必ず割引してもらえます。(笑)

 

ただあまり大々的に申しますと色々不都合もございますので、もしたまたまこの一文をご覧になった方がは、火鉢屋から言えばおまけしてもらえると聞いた。と、お伝えください。

 

さてその増田屋。

実は私がお店をOPENしたときからの長いお付き合い。

同業者ですが、協力関係にあります。

なんていうとかっこいいですが、単に仲が良いだけなのですが。

 

それで今私は八王子におりまして、オフィスにしているお部屋がとても小さいのです。

火鉢をたくさん置くスペースはとてもありません。

なのでギャラリーに置かせてもらっています。

 

こちらの屋久杉の火鉢。

お値段は14,800円(税込・送料込)ですが、対でお買い求めの場合は2つで2万円に消費税でも結構です。

実物をご覧になられたい場合は、是非「東急池上線にあります久が原駅」まで行かれますと実物をご覧いただけます。

本日ぎりぎりになってしまいましたが、屋久杉の火鉢のご紹介でした!

 

では明日も良いお天気だそうですので、皆様どうぞ良い休日をお過ごしください。

明日もお仕事の方は、私と同じです!

がんばりましょう!!

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す