こんにちは。

また台風さんがいらっしゃるとのことですので、日本の皆さん。

充分お気をつけください。

 

9月も後半になると、秋の後半のような気温です。

まだ火鉢に火はいれておりませんが、来月そうそうには火入れしそうな勢いです。

炉開きとでも言っておきます。

 

男はつらいよ。相変わらず見ています。

Amazonプライム会員でしたら、無料で何度でも見ることが出来ます。

私は6巡目に入りました。

もちろんストーリーどころかセリフまで覚えそうな勢いですが、映画に出てくる1970年前後の東京、地方都市の様子は、見る度に発見があります。

また、家の中の茶箪笥やテレビなの家具から、団子や「とらや」のメニューと価格まで、当時を知る貴重な資料のような感じで相変わらず見ております。

 

なお算命学で見ますと、私は生来「古いものが好き」なようです。

占いではなく、そういう生まれのようです。

よくはわかりませんが、火鉢のある生活を推奨し、男はつらいよを毎日の食事時にいているわけですから、そこだけは本当のようです。

 

さて

男はつらいよで、火鉢がでてくるのは、10作までの初期と、

40作前後に沢田研二がでてくるシリーズで、温泉宿の主人が江戸長火鉢を使っているシーンくらい。

意外とでてきません。

ただ、1970年代初頭までは「とらや」で普通に使われていますので、昭和40年ちょっとまでは各家庭にあったとおもわれます。

 

今日は六作目を見ていました。

男はつらいよ 純情篇 HDリマスター版(第6作)1971

 

 

「男はつらいよ」第六作 純情編にでてくる火鉢

1:26(1時間26分)過ぎ。とらやの家の、仏壇のある部屋に、桐の丸い火鉢が一瞬出てきます。

鉄瓶でお湯を沸かしています。

 

2つ目は、

1:28 過ぎ。長崎県の五島に住む、お父さんの家にて。

娘の声を電話口で聞いたあとのシーン。

陶器のなまこ火鉢が出てきます。

やはり鉄瓶にお湯を入れて、そこにトックリを入れて熱燗にしています。

こうした使い方、昔は当たり前の景色でした。

なんど見ても、ジーンときます。

Amazonプライムの方は、是非!

 

わずか50年も立たないうちに、

スマホの影響で、チョコフレークが生産中止になる時代になりました。

 

こうした新しい時代だからこその、古さですね。

自分にとって「男はつらいよ」という映画は、時代の資料の存在になっています。

 

みなさんにとっての火鉢の思い出、感動ポイントはどのへんでしょう。

機会あれば是非お聞かせください。

 

久しぶりのブログ、お読みいただいてありがとうございました。

 

火鉢屋 三浦のぶひと

 

コメントを残す