¥1,600 ¥1,200

土佐備長炭 不揃い君 1kg

備長炭には紀州備長炭と土佐備長炭があります。

その中にもランクが20以上ありますが、単純に火鉢や囲炉裏で使いやすいものを「横綱君」と「不揃い君」のⅱ種類にわけました。

横綱君はその名の通りランクTopの呼び名。

不揃い君は真ん中のランク。

横綱君はウバメガシを、不揃い君は樫の木を原木としています。

不揃い君の特徴は、横綱君よりも火がつきやすく、くぬぎ炭よりも高温で燃えること。

外気温0度にちかいとき、「もうちょっと暖かさが欲しいな。」

と思う時があります。

くぬぎ炭・なら炭だけを使っている時です。

そんな時に不揃い君1つ入れるだけで圧倒的な暖かさを確保できます!

火鉢・囲炉裏、両方におすすめの備長炭

囲炉裏は特に大きいので、炭から人まで距離があります。また囲炉裏はもともと木を焼いていました。だから炭としては高温で燃える備長炭は囲炉裏には特に最適です。

陶器の火鉢では備長炭は注意が必要

囲炉裏に最適な備長炭ですが、熱量が大きいので陶器の火鉢では注意が必要です。特に直径30cm以下の陶器の火鉢では備長炭はつかっても不揃い君止まりにしたほうが良いです。私ならくぬぎ炭しか使わないかもしれません。備長炭を複数燃やして、しかも火鉢の壁際にたまたま置いてしまっただけでも「陶器の火鉢にヒビが入る」こと、珍しく有りません。その点だけお気をつけください。

木製の火鉢なら備長炭はOK 長火鉢には最適!

木製の火鉢なら手あぶり火鉢 25cm〜30cmでも大丈夫です。

備長炭は使っていて楽しいので勢い余ってボンボン燃やしてしまうこともあります。この場合手あぶり火鉢だと縁をすこし黒くしてしまうかもしれません。1つかせいぜい2つくらいしか備長炭を入れなければ問題ありません。ご安心ください。

 

 

在庫4個