カテゴリーアーカイブ: 火鉢

自在鉤 角

自在鉤角

2020年9月30日 鍛冶屋の田中さんが引退をされました。それに伴いこちらの自在鉤、廃盤となります。

盛岡の鍛冶屋つくる自在鉤「角」

 

鍛冶屋の田中さんが作っています。

鉄瓶の取っ手(弦)を作っている職人さん。
鉄をトンカン打って、まるめて、中を空洞にします。取っ手が空洞だと、お湯が沸騰していても鉄瓶を素手で持つことが出来ます。そんなイカシタ取っ手を作っています。江戸時代から代々つづく鍛冶屋です。

この自在鉤は、その鍛冶屋の田中さんのつくったもの。スタイルはこれまた、誰が考えたのか、江戸時代から存在ます。まれにこうした自在鉤を骨董屋でもみかけます。ただし、現在は非常に珍しくなってしまいました。

在庫はございません。

ご注文いただいてから1週間ほどでつくりまして、2〜3日でお届けいたします。

つまりご注文からおよそ10日でお手元に到着する計算です。

※関連記事:鉄瓶の弦ができるまで。

2014年には、NYの和食レストランに採用されました。

2018年には、龍吟(世界No.3のシェフ)さんに採用されました。

柿安さんで採用されることが決まりました。

NYの和食レストランでは、電灯をつるす照明器具として7本も吊り下がっています。

ニューヨーカーにかなりの評判だと言われましたが、お店の名前を等々教えてくれません。どなたか見かけた場合は教えてください。

※ 自在鍵を取り付けるための道具も作成しています。(5,400円〜)

細めの角材でモダンなタイプ。
鉤の部分のデザインが凝っています。

重さ:0.67kg 長さ:112cm
のばした時の長さ: 170cm〜180cm 

紫檀(したん)という木の火鉢

紫檀の火鉢

お店が始まってから、なんどか引っ越しをしました。 オフィスもですが、サーバーのお引越しもです。 そのサーバーのお引越しの時に、やはりなんどかデータが消えてしまったりするわけです。 特に2014年〜2016年あたりの火鉢の>>

火鉢の灰を入れるところ

長池 南大沢

こんにちは。 火鉢を見続けて15年 番頭の三浦です。 火鉢の、灰をいれるところを炉と言いますが、この炉を作れるのはトタン屋根の板金屋さんです。 古い火鉢の中には、この炉が無いものがあります。 炉は銅板です。 銅板は錆びや>>

銀の炉の塗りの火鉢

銀の炉の麻塗り火鉢

こんにちは。 番頭の三浦です。 手あぶり火鉢は300台以上 長火鉢は50台少しを販売してまいりました。 見たり、手にしただけでしたら、これの3倍以上はありますので、厳選されたものだけ販売してきました。   更に>>

屋久杉の手あぶり火鉢

屋久杉の火鉢

屋久杉:屋久島の標高500m以上に自生する杉の木で、樹齢1000年以上の杉の木を屋久杉。1000年未満を小杉(こすぎ)と呼ぶ。 wikipediaより   杉の木の樹齢は500年が最大値だそうです。 それが屋久>>

黒柿!

黒柿の火鉢

黒柿の火鉢がございます。 ただし、手元にはございません。 そのかわり、増田屋におかせてもらっています。   ご覧になりたい方は、是非ご連絡ください。 私は現地にいないことがほとんどですが、増田家の人間が対応いた>>